農林水産省 異例の真相は?朝ドラなつぞらを解説!酪農へもっと興味を!

 

農林水産省の異例が注目されていますね!

いったい異例の朝ドラなつぞら解説とはどういう事なのでしょうか?

気になりますので農林水産省の異例についてWIKI経歴やメディア報道、口コミ情報等から読み解いていきます。

 

スポンサーリンク

農林水産省の異例の真相は?

スポンサードリンク


今回の農林水産省の異例に関する報道内容はこちらです。

気になりますので早速見ていきましょう!

 農林水産省がNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)について公式サイトで“独自の解説”を展開している。酪農への関心を高めるためで、中央省庁が朝ドラの解説を行うのは異例の試み。
 女優の広瀬すず(20)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。日本テレビ「泥棒家族」や大河ドラマ「風林火山」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。
 第1週(1~6日)は、なつ(粟野咲莉)が牧場の仕事に取り組む姿が描かれた。今月1日のドラマ開始と同時に、農水省の公式サイト内に『今日の「なつぞら」畜産部解説』というコーナーが立ち上がり「ストーリーに併せて、畜産や酪農について、豆知識となるような独自の解説をしていきます」とスタートした。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000205-spnannex-ent 

20代女性
農林水産省のこういう異例の試みはいいですね
農林業に関心を持つ人が増えるきっかけの一つになるかもしれない
けど主人公がアニメーターを目指すから、そうなったら別の省がアニメの解説するのかな?(笑)
40代男性
国営放送とかそういうツッコミは一旦、横に置いて考えると、
農林水産省は悪くない取り組みだと思います。
酪農など、日本の食の生産者の方々の事を知っておくのは大事なことです。
感謝も忘れないようにします。
30代女性
「あいすくりん」の値段解説が親切でとても解りやすい
まさに高嶺の花
あの和菓子屋さんの店先で食べていた手作りアイスクリームも美味しそう

 今回の農林水産省の異例についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきましょう。 

 

スポンサーリンク

農林水産省の異例について

スポンサードリンク


 
 
農業ですけど、農業従事者の高齢化は悲しいものがあります。
近隣の田畑で働いていた人を見なくなったら入院していたとか、草が伸びているなと思ったら、亡くなっていたとか。
後継者が不在の農家が多く、荒れ地が徐々に増えています。
たぶん、酪農家も似たようなことがあると思います。
農林水産業は転職して急に出来る仕事ではありません。
しっかりとした後継者を育てることを早急にしないと、日本の農林水産業の明日は無いと思います。

 
 
酪農の現場に触れる話しを朝ドラ「なつぞら」にリンクさせるのは異例だが良い取り組みですね。
現場の話しだけでなく飼料や生乳の流通の話しもすれば良いのに。飼料の購入や生乳の出荷は全て農協を通さないと金銭的に大変になる。
生乳を農協以外に出荷したら飼料の価格を値上げされて経営が難しいってドキュメンタリーでやってたよね。
バター不足は農協が生産調整して量を増やさなかった事に起因するみたいにも言ってた。
この話しも認めた上で解説すれば農林水産省の本気度感じられるのにね!

 
 
酪農に興味を持つキッカケになる、なかなか良い取り組みだと思います。
ホームページで説明もいいけど、新聞コラム欄で週一でも連載のように載せてくれたら、もっと楽しめる年齢層が増えるかも。
あいすくりんは今でも好きなアイスだから、昔の価値を知ると感慨深い。

 
 
裏を返すと、それだけ日本の酪農業が危機的状況にある事でもあるのですね
離農する人も多い中、どうやって現存の酪農家を守っていくか、これも大事な事だとは思います

 
 
どんな仕事も大変だけど、酪農家さんたちはなかなか大変なお仕事をされていますね。
牛の世話には休みが無いです。
搾りたての牛乳の美味しさは格別ですよね。
私が以前住んでいた家の近所の酪農されてる家の幼稚園児の息子さんが子牛を見せてくれて、可愛いねって言ったら、大きくなったら牛になるんだよと教えてくれたのが本当に可愛かった。
朝ドラなつぞらはなっちゃんを応援したくなる良いドラマですね。
この異例の取り組みで益々酪農にも関心が高まると思います。

 
 
農林水産省がこうやって国民の関心あるものに乗っかるのはいい取り組みだと思う。
若者が酪農に興味を持つかもしれない。
今ですら需要と供給のバランスが成り立たなくなりつつあるから今後酪農家が増えないとどんどん値上げされることも考えられる…

 
 
酪農は大変だけどやりがいや乳製品がどうやって出来るか知ることが出来て良いと思う。特に子供に見てもらい将来の職業の選択肢に入ると良いと思うが、望みすぎかな。まあ酪農の成り立ちを知るには大人にも参考になりますね。

 
 
農林水産省のこのような異例の積極的な取り組みはとても素晴らしいと思います。

スポンサードリンク


 
 
あいすくりんの下りとかが、とてもいいですね。酪農業や生き物を扱う方々は本当に大変。万が一病気等が発生したら本当に大変な事になってしまう。生き物や農業を生業としている方がいるから国産の美味しい食べ物がいただける。
本当にいつもありがとうございます。

 
 
国民の興味のあるものに応じて解説する姿勢はいいと思う。
酪農に興味を持つ人も出てくるんじゃないかな。
あと、これからの酪農家の保護も大切。大変な職業だから保護しないと人が減っていく可能性がある。

 
 
農林水産省のHPをみたことがないけど、いい取り組みだよね。酪農の負の部分も伝えてくれるといいんだが、実際どうだろうね。

 
 
朝ドラなつぞらを見ると、当時の北海道の酪農家は農作業と乳牛の世話でかなりの重労働だけれども、決して貧しくなく経済的には豊かに見受けられます。子供や若夫婦の服も身綺麗で、みんな白米を食べていますね。牛乳が高価格で売れたのかな。

 
 
地平線も見られる十勝の大平原の映像が出てくるのかと期待していたら,ロケは陸別だった。新得あたりのロケもあったかな?酪農への魅力や思いは十分に伝わって来るが,中札内など見渡す限りの大空をもっと見たいと期待している。

 
 
ここまで力を入れて酪農をPRされているのに、なつぞら主人公はそのうち都会に行ってしまうんですね。
せっかく北海道を舞台にしているのだからもう少し長く牧場の生活を物語の中で広めてほしいです。

 

スポンサーリンク

おわりに

 今回は農林水産省の異例について調べてみました。 

 ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。 

 この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。 

スポンサードリンク