尾畠春夫 プロフェッショナルなボランティア経歴がヤバい!

 
ボランティアのプロフェッショナルである78歳の尾畠春夫(おばたはるお)さんが山口県周防大島町で行方不明の2歳男児を発見した事で注目されている!

大分県内で鮮魚店を営んでいた尾畠春夫さんは65歳で辞めて、プロフェッショナルなボランティア活動を始めた!

今回は今最も注目されている尾畠春夫さんに付いて紐解いて見ていきましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

尾畠春夫さんのWIKI経歴は?

名前:尾畠春夫(読み方:おばたはるお)

年齢:78歳

生年月日:1940年

職業:元魚屋で現在はプロのボランティア活動をしている

自宅住所:大分県速見郡日出町

家族:嫁さんや子供がいると思われますがそういった情報はまでネットでは特定できませんでした。

 

スポンサーリンク

プロフェッショナルなボランティア経歴

顔画像:

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

尾畠春夫さんが藤本理稀ちゃんを発見!

発見した捜索ボランティアの尾畠春夫さんは大分県から前日の8月14日に来たようです!

そして翌日15日の朝7時前に藤本理稀ちゃんを発見した

発見した場所は親戚の自宅の北側の山の中で700mほどの場所で竹藪の下にある沢にいた。

まさにプロフェッショナルな仕事ぶりです

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

尾畠春夫さんの口コミ情報

20代女性
警察や消防に対して批判が多いですが、みんな必死に捜索していたはずですよ。
尾畠さんは、ある意味でプロフェッショナル的な特殊な能力があったのではないですか。

口コミにもありましたが、後継者育成は必要だと思いますし、もっと野生本能を取り入れた捜索方法を検討していくことも必要かもしれませんね。

40代男性
おばたさんがいなければ、雨が降る中よしきちゃんはどんどん体力を奪われて助かっていなかったかもしれない。
警察では見つけられなかったのではないかと思う。感謝状だけでなく、この方のプロフェッショナル経験やノウハウを活かす必要がある。
60代女性
表面上は元気そうでもそろそろ
限界が近づいてきてたと思いますよ
であればやり方が正しいかは別にして
真っ直ぐタオルに包まれたまま、
先ずお母さんに会わせてあげて元気を沸かせてあげたというのは正しかったのかもしれない
カッコいいプロフェッショナルな78歳ですね〜〜

スポンサーリンク


50代男性
見つける自信があってしかも、到着後直ぐに発見される。神の域ですよ。警察その他の方は何をしてたのかな?また尾畠さんのこれまでの活動記録、今回の救出劇の後の対応も神の域ですよ。尊敬します。

60代男性

春夫さんの優しさがこもった呼び掛けを聞いたからよっちゃんも返事したと思う。警察の人たちはちょっと怖く感じて隠れてたんじゃ?

30代男性

始めから警察犬を出してたら発見出来た感じ警察の初動対応の悪さが原因

30代女性
ご老人の今までの長い人生経験による判断が小さな子どもの命を助けましたね。色々筋が通っている方なのかな。警察や公務員の不祥事が最近目立つので、この方の枠にとらわれない自由なプロフェッショナル発想がより輝いて見えたりします。

20代女性
マニュアルに従って、無言で草を棒切れでザクザクやってたんじゃ、この御仁には勝てない。
経験に裏付けされた素晴らしいプロフェッショナルな知恵と勘と行動力。

スポンサーリンク