岡本和真 死球を受けた結果は?【動画有り】

スポンサーリンク

 

プロ野球巨人の岡本和真(おかもと かずま)選手の死球後の経過が心配ですね!

いったい死球を受けた右手親指は大丈夫なのか?

今回は巨人22歳の岡本和真選手について動画や画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサーリンク


14日のDeNA戦で右手親指付近に死球を受けた巨人・岡本が15日、DeNA戦で「4番・レフト」でスタメンオーダーに名を連ねた。この日は、試合前練習に参加し、外野でノックを受けた後、室内練習場で打撃練習。「大丈夫です。大丈夫です」と話していた。前日は試合途中で私服に着替え、精密検査を受けるためタクシーで病院へ向かっていた。

 頑健な体の4番打者は試合前時点で、チームで唯一全130試合に先発出場し、打率・316、31本塁打、94打点。史上最年少22歳シーズンでの3割30本100打点を射程圏内に捉えている。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000093-spnannex-base

50代男性
避ける練習もしとかないとな。
結果を残した翌年は多くなると思うよ。

10代男性
もう今季は休ませて欲しいけど岡本がかけたら巨人終わりだからな…CS争いするのはいいけど無理させて悪化して欲しくないし、もう最下位とは言えないけどドラフト有利にするために順位を落としてもいいのでは?若手育成に残り試合を捧げても(巨人でそれが許されるならば……)いいのではないかな

60代男性
チーム事情から無理して出場している可能性のほうが高い
プロの投手が投げた硬球が手に当たって翌日に完治なんて事は絶対にない

10代男性
試合に出られるというのでホッとしたが、無理はしてほしくない。
岡本抜きの打線が迫力を欠くのはわかるが。

20代女性
これからは内角攻めも増えてくるだろう。
ここからが正念場だな。

スポンサーリンク