お菓子離れの原因はスマホではなかった!?ホントの理由はこちら↓

 

お菓子離れの原因はメーカーではスマホのせいにしているが消費者がお菓子を食べなくなった理由は全然違うかった!

なんでもかんでもスマホのせいにする風潮があるがおかし離れが起きているホントの原因を紐解いてみていきましょう!

スポンサーリンク

お菓子離れとは?

森永製菓が50年あまりの歴史があるチョコレート菓子「チョコフレーク」について来年6月にも生産を終える。江崎グリコもロングセラー商品のガム「キスミント」の生産終了を発表した。チョコレート菓子の多様化やグミやタブレットなどライバル商品の台頭のほか、スマートフォンの普及で「手がべたつく」「陳列棚を見ない」との声も出ている。身近なお菓子が姿を消す背景には、若者のトレンドの変化がありそうだ。(小泉一敏)

 菓子のロングセラー商品が消える理由について、神戸大大学院の栗木契教授(マーケティング論)は、「スマホ操作には手が空いていることが重要で、ガムを最後に紙に包んで捨てることが煩わしかったり、チョコフレークで手がべたつくのは不利だ」と指摘。スマホだけでなくパソコンのキーボードも同様で、手の汚れを気にする場面が増えたことが販売不振の一因だと分析している。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000543-san-soci

 
スポンサーリンク


原因は?

40代女性
カールもチョコフレークもたまに食べていた者にとっては、お菓子離れのすべてをスマホのせいにばかりされても困る。

今は買いたいお菓子も、お菓子の中身そのものも減っている。
原料費とか運送費とか大変なんだろうけど
減量値上げばっかりしてないで、魅力的な商品作ってくれよ。

40代男性
買う側にとっては、割高感があると買わない、あるいは別のお菓子という思考ではないですか?
昔に比べて高いし、量も減ってるし。
割高感持ってる方、結構多いと思います。
20代女性
ガムに関しては、噛めば噛むほど味が出て美味い!って程でもないし口の中に残るし飲み込む訳にもいかないし、結局吐き出して包んでゴミ箱に捨てる手間が一番大きいんじゃなかろか?今に始まった事じゃないけど、これが一番鬱陶しいお菓子離れの原因かも。
スマホに答えを持ってくのは無理があるんじゃ…
30代男性
人口が減り、収入が減り、買う人が少なくなった。
それがお菓子離れの原因だと思いますが。
30代女性
スマホはあくまでも一因であって主因ではないと思うんだが。
50代男性
値段はそのまま容量を減らした結果、スーパーで買うお菓子に割高感が出て、買う気がしなくなってきた。
どうせ買うなら、たまにきちんとしたケーキやチョコを買う方がカロリー的にも、満足感的にもいいと感じてきた。
スマホのせいにしておく方が、メーカーは楽だろうけど、それはお菓子離れの理由の数パーセントだと思う。
20代女性
ぶっちゃけ、お菓子離れの原因がちょっと違うと思う。
ハイカロリーなお菓子って敬遠する傾向だし容量に対して金額が高いと買う気にならない。キスミントガムをはじめとするガムの売れ行きが低迷しているのはミントタブレットの普及だと思うけど?口の中の清涼感や息を気にするならガムよりタブレットのほうが仕事中でも口に運べるし、何より数が多いのに価格が安いと感じるよ、噛まなくていいし。
60代男性
スマホが一因とは考えられるものの、消費者の健康志向が強くなったのが一番のおかし離れの原因ではないかと…
本人だけでなく、親が健康志向だと子どもにもお菓子はあまり買い与えないということは想像に難くない
50代男性
当時お菓子を食べていた人たちも大人になり、または歳をとり、食べなくなった。そういう商品いっぱいあります。

あと景気が悪いと、そういった買わなくてもいいものから手をつけなくなります。まして材料も高騰し、あきらかに値上がりと、品質が安っぽくなり(消費税導入して30年の成れの果てが、お菓子一つでも見てわかるけど、経済は下降するばかりです)
とすれば益々買わなくなる。

健康に対して気を使う人も増えているから、余計に買う人は減り、

そして子供の絶対数が減っているのだから、さらにお菓子の消費は減りますよね。

あと、経済や健康と矛盾している部分ではあるけど、お菓子に対して、舌が肥えてきていて(コンビニスイーツの進化や、おいしいケーキ屋が昔より増えたり)、安いお菓子は口にしなくなっている。

ま、それらを「時代」といえば簡単だけど、色々な理由があって、

「スマホ」って、この話に出すのはねえ。

スポンサーリンク


10代男性
人気があるなら生産終了しないだろう。人気がなくなったからやめるだけ。

昔コンビニの入出荷倉庫で菓子担当してたけど、スマホが当たり前になる前から減少傾向だったよ。
日々新しい商品入れて、単体の出荷数が下がっても全体の出荷数は下がらないようにしていた。
1年でアイテム数は1.5倍くらいになってるのに、出荷数は横ばい。
新商品で入ってくるのは期間限定や変化球といった物珍しさで釣ろうとしているものばかりだったけど、メーカーも短期で回収するようなスタンスなんじゃないのかね。
ソシャゲが流行る前からソシャゲみたいなことしてるよ、菓子は。

60代男性
スマホやPCをいじりながら菓子を食べられるシーンは限られているので、お菓子離れにあまり関係ない気がしますね。キスミントはクロレッツやフリスクなどライバル商品に負けてしまったこと、チョコフレークは猛暑のせいで昔よりチョコの溶けが問題なのも要因だと思うので、季節限定商品で冬場に売れば売れると思いますよ。あと、売れないせいで出回らないの悪循環だったのかもしれませんが、買いたいのに最近はどこにも置いてないという現象があって、子供の認知度自体がなかったのではと思います。私が子供の頃は水泳を習っていたスポーツセンターの菓子売り場に必ず置いてあった商品なので、毎週のように買っていたから時代を感じますね。
10代女性
多種多様が為に苦戦してる大手と比較するや、中小のメーカーさんの場合だと、昔と比較するや量や価格はさほど大きく変わらないし、コンビニやスーパー等にある税込み108円の菓子類もそこそこ健闘してるから、その上いろいろ工夫をこしらえてるので、大手よりもソチラにいってしまうのも一因ではないかと思います。
10代男性
別に全ての原因がスマホってわけじゃないけど、スマホが衰退の理由の一端にはなってるんじゃないかなとは思う。
確かにスマホ頻繁に触れる昨今では、手が汚れるのを嫌う人が多い。 わざわざ手が汚れて拭く手間を考えるくらいなら、最初から汚れない菓子を選択するのは自然である。
ガムも、昔は暇なときはガムかんでフーセンを作ったりしたものだが、今ではスマホで暇つぶしできるからそういうちょっとした遊びをする必要が無い。
他にも、カメラや電卓、手帳、時計、地図だってスマホがある今では持つ必要はあまり無い。
こんな感じで、スマホというあらゆることが出来る便利な端末な存在しているため、それにより多少なりとも衰退させられた分野があるのは確かなんだろうね。
20代女性
反論したい。チョコフレークはむしろ凄まじくスマホ・ゲームに相性がいい!
ポテチのほうに箸やトングなんてなものでチマチマ摘む必要は全くないし、食べかすが落ちる心配もない素晴らしいお菓子です。
我々には「スプーン」という素晴らしい道具がある。力加減など考えず、ただ袋に突っ込んで掬って口に運ぶだけでいい。
どちらかといえば、一袋で食べられる量が減ったことやコンビニブランドの製品が台頭してきたこと、健康志向の高まりが原因なのではないでしょうか。
「沢山食べたいけど袋二つでは、置くのも開けるのも捨てるのも値段も面倒くさい」とか、「コンビニブランドのほうが安くて味も十分」とか、「食べたいけど太るのが気になる」とか、そういう感じではないかと。
20代女性
完全なデータがなく「一因かも」程度だったら公にしなくてもいいと思うけど。
この記事のタイトルも原因はスマホと言い切ってるし、それもどうかな。
それだったらポテトチップスとか袋に入ってる菓子はほぼ消えることになる。むしろポテチのコンソメ味のほうが指にずっと匂いが残るから極力触りたくないとかあるけどたまに食いたくなればそれでも買う。
スマホは関係ないだろう。
海外商品や似た商品など色々あって選択肢が増え売上が落ちていると思うけど。
スマホは全年齢使っているし、お菓子もどの年齢が一番食べるとかデータがあればわかりやすいけどね。
日本の平均年齢が46歳前後と言われているから、相対的にその世代が一番チョコフレークを消費していたとするとさすがに年齢的にあまりお菓子を食べなくなってきているから売上も落ちてくるんじゃないか、とも見れる。
30代女性
時代が変わって消費行動が変わったから売れなくなった。ただそれだけ。
そもそも、何十年と同じものが売れ続けるわけないし、売りつづけたければ時代に合うようアップデートしていくことが肝心。
アップデートがうまく行くかどうかは売れなくなった原因を正確に把握できるかにかかっているのに、何でもかんでもスマホのせいにするようでは魅力的なリニューアルは望めないし、売れなくなるのもわかる気がする。
お菓子メーカーの若い社員は多分わかってるけど、上司は年配でそこが理解できない。
良いものなら時代が変わっても売れるはずだと言って聞く耳持たない上司に理解できるように翻訳すると、スマホのせいで売れなくなってると説明するしかないのかなと思う。
10代男性
それも影響あるのかも知れないが、スマホで手があかないとか手が汚れるってのが理由で菓子が売れない…ってのは違う気がする。
身体に悪い物を積極的に摂りたくはない人が多くなっている方が影響としては多いのでは?
10代女性
今って、新商品が異常に早いサイクルで出るよね

新しいものが出るから、そこに手が伸びれば定番商品の売れ行きは悪くなる
スマホどうこうでなく、飽きやすく常に新しい物を求める現代社会の構図なんでないかな

ポテトチップスみたいに手が汚れても売れる商品は沢山あるし、要は定番になりきれず飽きられて淘汰された商品があるだけだと思う

30代女性
どうして、何もかもが苦戦の理由がスマホになるのかがわからない。
以前もいろんな分野で「スマホの維持費を優先にされて売上を取られた」みたいな話もあったけど、魅力があればスマホを差し置いてでもお金を使って貰えると思う。
今回の手がベタつく商品はスマホが汚れるから敬遠されてるみたいに書いてあるけど、片手でスマホ操作してる人には関係無い話じゃないの?
確かに菓子をつまんでいる片手はベタつくけど、食べ終わったら洗えば良い話。
屋外だと手を洗うのも難しいかもしれないけど、あんまり屋外で袋菓子は食べないよね。
10代男性
庶民の舌が肥えたってのもあると思う。

それこそ戦後とかだとガムやチョコレートが魅惑の味だったけど、いまやコンビニで300円も出せば有名パティシエ監修のスイーツが買える時代。
そこと同じステージで戦うとなると、なかなか厳しいものがあるのかなーと思う。
ある程度の年齢以上なら昔を懐かしんで買ったりもするけど、若い人はどうしても新しい方に流れていってしまうんじゃないかな。

 
スポンサーリンク