大野久 罰金50万円の真相がヤバい!

スポンサーリンク

 

大野久 罰金50万円が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい元阪神タイガースの大野久さんの罰金50万円とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

大野久 罰金50万円の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが大野久さんの罰金50万円に関する記事詳細です。

プロ野球阪神などでプレーし、盗塁王にも輝いた大野久・元選手(58)=大阪市港区=が金地金3キロを香港から密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反などの罪で略式起訴され、堺簡裁が罰金50万円の略式命令を出していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。略式命令は2月19日付。

 起訴状などによると、大野元選手は妻(54)、指示役とみられる男(52)と共謀し、2017年8月8日、香港から関西空港に金の延べ板3枚(1350万円相当)を必要な申告や消費税約108万円を納付せずに輸入しようとしたとしている。

 1985年にドラフト5位で阪神入りしている。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000090-kyodonews-soci

 

今回の大野久さんの罰金50万円についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

大野久@罰金50万円の画像や動画

スポンサーリンク


 

大野久の罰金50万円に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
日本は甘いからダメだ。没収と同じ金額の罰金にすればよい。

 
 
罰金だけで済む様では消費税10%になれば益々この手の密輸は増えそう。
早く法改正して、没収、罰金、刑事罰等の強化をしなくては税金の無駄遣いに成ります。

 
 
金塊の密輸に関しては関税法の特別法を作って、全て没収(第三者所有物の場合は所有者が無関係を立証)とすべき。
そうすれば、少なくとも10%を摘発することで犯人グループにメリットはなくなる。

 
 
盗塁王になった年でも11回盗塁失敗している。
今回の密輸もたまたま失敗しただけで、それ以上の成功を過去に何回もしているのだろう。
そう考えると、罰金の50万が軽すぎる。

 
 
3キロ時価約1500万円
密輸消費税分利益で約120万円
50万円罰金払っても70万円浮く
没収しなければ密輸は増え続ける

 
 
非課税にすればいいのに

そもそも金は非課税が基本で課税対象のほうが例外的
非課税にしたところで、そこまで問題でもないし
なぜそこまで金の課税にこだわるのか疑問

 
 
そんなに簡単に密輸できる状況でもないと思うんだけどな。ちゃんと探知機や税関での検査も厳しいだろうに。金は結構重いから持ってるだけでも大変だと思うけどね。差額で儲けるには相当の金じゃないと割に合わないよ。

 
 
盗塁王も密輸は刺されてアウト

 
 
話は脱線するかもしれないですが、阪神に在籍経験があり、他球団で活躍した元選手は悪い事をすると必ず元阪神と報道されるのはどうかと思います。
大野元選手が本当に活躍したのは、盗塁王を獲得した、福岡ダイエーだと思うのですが、元ダイエーでは、見出しとして目を引かないのか、或いは阪神に対して悪い印象を持っているのか?
いずれにせよ、情けない男の記事でした。

 
 
今回は業務性があるから非難されるべきだけど、個人密輸は日常茶飯事。海外旅行でちょっと高い買いものして、真面目に申告する人まずいないけどこれも関税法に違反してる。実際は税関も分かっていてスルーしてる。そのくらい良いと思うのが一般感覚でもある。

 

おわりに

今回は大野久さんの罰金50万円について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク