レコ大 大賞選考 舞台裏の真相は?【画像動画あり】

 

レコ大・大賞選考の舞台裏が話題になっていますね。

いったいレコ大・大賞選考に何が起こったのでしょうか!?

気になりますので大賞選考の舞台裏について早速調べていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

レコ大・大賞選考の舞台裏の真相は?

’18年末に放送された『第60回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)に吉永小百合(73)や『ピンク・レディー』など、レジェンドスターが多数出演。平成最後の記念すべき放送に花を添えた。だが、大賞が決まるまでの舞台裏はかなりドタバタしていたという。
「レコ大は主催が日本作曲家協会で『日本の優れた曲を選ぶ』というのがコンセプト。洋楽カバーである『U.S.A.』は対象外なのです。番組スタッフ自身、『本当に残念ですよ』なんて関係各所で言っていたんですが、フタを開けてみたらノミネートされていた。

headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00010005-friday-ent

スポンサードリンク


 

レコ大・大賞選考の舞台裏のネットの反応

40代女性
大賞選考の舞台裏が熱いと思っているのは、レコ大関係者だけ。
一般国民はむしろ冷めている。
ここ10年くらいは本当にヒドいけど、中でも今回は特にヒドかった。
まともな一般国民感覚を持っている人間なら、歌の経緯がどうであれ、DA PUMPのU.S.A.以外は大賞に選べなかったはず。
一般国民の投票も審査で考慮できるようなシステムを取り入れられないのであれば、レコード大賞なんてもはやなくしてしまったほうが良いように思う。

40代男性
もう、レコ大は要らないと思う、大賞選考は何を基準に決められているのか解らない。審査員もこのためだけで、お金がもらえるから無くしたく無いんだろうけど、今の時代必要性を感じ無い。

 

 

20代女性
大賞選考に迷うほどどの曲も互角ならドタバタ舞台裏もわかるけど、昨年はUSAが老若男女まで浸透し久々の大大ヒット曲、社会現象となったのだから、DA PUMPがとるべきでした。特別賞だけでなく、大賞候補の優秀作品賞にノミネートしたのは彼らを賞レースに参戦させて、視聴者を番組最後まで引っ張るため。

30代男性
以前にレコ大はお金で買えると
噂が出たときも驚いたけど。
去年はDA PUMPが取ると思っていた
のが、なぜ乃木坂か納得できなくて
唖然としました。

スポンサードリンク


30代女性
大賞選考の舞台裏が熱い戦いと思っているのは当事者だけだと思う。
50代男性
レコ大大賞もだが、聴いたこともない曲に初めて見る歌手が新人賞を獲るのが不思議でならない。
20代女性
今年からは観ないからどうでもよい。
言えることは、シンクロニシティーより
USAの方が大賞に相応しかった。

 

 

40代男性
本当に今回はDA PUMPのU.S.A.が大賞にならずに沢山の人がビックリしたはずです。洋楽は除外されるのは耳にしていましたが、でも日本のグループで日本でこれだけ大流行したのだから選ばれても良かったのではと思ってしまいます。過去に西城さんが逃している原因を考えれば軽々しく変えるわけにもいかないのかもしれないですが、カバー曲で人気が出るのも歌っているグループや、歌手のパフォーマンス力や歌唱力の賜物なのだから大賞をあげても良い気がします。でもDA PUMPはとても前向きで素晴らしいグループなので、来年に向けてまた頑張ってくれそうで、それはそれで目標ができていいのかなとも思いました。

50代男性
俺は米津玄師さんのlemonが適当だと思ったけど、出演できなければ、番組としては成り立たないということなんだね。
所詮は単なるテレビ番組であって、その時点で権威のある賞ではないんですよ。
10代男性
僕の中ではレコ大大賞はDA PUMPです。大賞選考の舞台裏が大人の事情でドロドロしてそう!

 

スポンサードリンク