【令和】施設名,駅名,地名は無いので1番乗りで話題沸騰する!?

新元号の【令和】が平成31年4月1日に発表されましたね~(^^)

この令和(れいわ)という施設名や駅名や地名が日本にあるのか?ないのか?がゼンリンの調べでは使われていないようですよ(*^▽^*)

珍しい組み合わせなので会社名でも未使用でしたね。病院や学校や公園などの公共施設でも使えそうな令和という名前です。

という事は一番乗りでこの令和の名前を付けると話題沸騰するのかも!?

「令和」という施設名、駅名、地名はある?ない?

スポンサーリンク


平成の次の元号として令和と発表されましたね!

この令和フィーバーで社名を変更するという会社も出てきていますね!

そこで日本中にたくさんある駅名や地名や施設名に「令和」と呼ばれる場所があるのかないのか?気になる所ではありました。

その疑問にゼンリンが下記のようにツイッターで発表したようです!

このようにゼンリン調べでは、日本の地名や駅名や施設名に「令和」はまだ使用されていないようですね!

平成に関しては駅名や地名や施設名や大学が学校名や病院名などいろんなところで使用されているので、令和についてもちょっとづつ増えていきそうな元号ですね!

地名や駅名、施設名に『令和』ナシ

スポンサーリンク


 政府は2019年4月1日(月)、皇太子さまが新天皇に即位される2019年5月1日(水)から使われる新元号を「令和」と発表しました。

 この発表を受け、地図会社のゼンリンは「Twitter」で、「令和」という地名や駅名、施設名はないと発表。「当社の住宅地図情報をまとめたデータベースシステムで検索した結果ですので、あくまで『ゼンリン調べ』ではありますが」とのこと。

 また、国土地理院がインターネットで公開している「地理院地図(電子国土Web)」で「令和」を検索しても、結果は0件。国土地理院によると、ここで検索して結果が出てこなければ、「地理院に情報として登録されていない」そうです。

 ただしゼンリンは、「住所ベースで『令和』は存在しないようですが、通称として用いられている可能性はゼロではありません」としています。

 

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00010001-norimono-bus_all 乗りものニュース

このように乗りものニュースでも令和が使われていないことが報道されています!

意外と令和という2文字が少ないのにも驚きですね!

官邸も日本に使われていない2文字を選んだともいえるのだと思います。

今回の令和についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

令和の画像や動画

スポンサーリンク


令和の名前に関する口コミ情報

スポンサーリンク




通称を今から令和にしようという所があったりして



明治と名の付く駅は明治神宮前駅がある。大正駅、昭和駅、平成駅もある。後々地名で令和と名の付く場所や駅が作られる可能性だって充分あると思う。



「令」の字に「慶ばしい」という意味があると聞けばなるほどと思うが、

勅令や命令、律令など、統制されるイメージが強い字なので、
ご令嬢、ご令室等の言葉があるにせよ、どこか束縛された印象を抱いてしまうので、
あまり使われてこなかったのではないかと思う。

ちなみに、令に慶ばしいという意味があると聞いて最初に思い浮かんだのは、

「オーダーいただきました!」「よろこんで!」

ひょっとしたら、勅令も命令も律令も、よろこんで(自ら進んで、前向きに、積極的に)言いつけを受けるということなのかもしれないなと。

いずれにせよ、良い時代になることを願います。



令和。
率直に良いと思う。



令和の地名や駅名は無くても、
企業は有りましたね。
今頃万歳三唱をしてる事でしょうね。



これから続々と出てくるでしょうね。
令和国際大学とか。



菅さんが見せた新元号の「令和」

見れば見る程「達筆」やな〜。



これを機に地名を令和にする所があるのかな。



地名ではないけど、大宰府にゆかりある言葉らしいから、現地の人は嬉しいだろうね。



あちこちで指摘されているように、ら行の大和言葉はないので、駅名はともかく、地名がないというのは当然かも。
駅名はこれから作られるといいのですが…。

おわりに

今回は令和の名前が駅名や地名や施設名に使われているのか?について調べてみました。

ゼンリン調べでは令和が使われていないようです。 

よって一番乗りで「令和」という施設名などをつけると話題でお客さんも集まりそうな予感もしますね!

2019年5月1日からなのであと1ヵ月でどれだけ令和の名前が増えてくるのか楽しみですね。

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていますが今後、令和の名前を使用するところがたくさんでてくるでしょう

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク