西城秀樹 現在は立てない!2017は口パクで舌ぺろぺろだった!?

西城秀樹の現在は脳梗塞の麻痺になってしまい立てない事もあった!

2017年には口パクでで舌ぺろぺろだったのは脳梗塞の影響だったのか紐解いてみていきましょう。

悲しいニュースが入ってきました! 西城秀樹さんの現在は死去している事が判明。 死因は急性心不全で2018...


スポンサーリンク


西城秀樹の現在は立てない?

 1度目の脳梗塞発症は03年6月21日、韓国・済州島での公演中。「うまく歌えない。ろれつが回らない」と異変を訴えながら、ステージをやり遂げた。当時、ミュージカル出演にむけてダイエット中で、韓国でも食事も水も控えてジムとサウナで汗を流していた。

 翌日帰国後、都内の病院に直行。「ラクナ梗塞」という脳血管末端の細い部分が詰まる脳梗塞と診断され、舌がもつれてうまくしゃべれない「構音障害」の後遺症が残った。一時は精神的にも落ち込み「引退」の文字もよぎる中、美紀夫人の懸命の支えと、幼い子どもたちの存在を力にリハビリに取り組み、2カ月後の8月にはミュージカルの舞台に立つまでに回復した。

 その後もリハビリを続け、再発防止に務めてきたが、2011年暮れに2度目の脳梗塞に襲われる。発見が早かったため大事には至らなかったものの、一部の脳細胞が死に右半身がまひ。舌も思うように動かなくなった。

50代男性
西城秀樹さんは現在も立てないのは脳梗塞で麻痺が残っていたのかな?
10代男性
まだ63歳の若すぎる死去に悲しすぎますね
60代男性
ヤングマンを立って歌っていたころの元気な姿を見たかったけど残念
20代女性
 口パクで舌ぺろぺろだったのはこの病気が原因だったのか
20代女性
この動画でも口パクのような舌ペロペロ?

30代女性
15年前に脳梗塞になったから


スポンサーリンク


西城秀樹のWIKIプロフィール

◆西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん 本名・木本竜雄。

1955年(昭30)4月13日、広島県生まれ。

72年「恋する季節」で歌手デビュー。

甘いマスクと激しいアクションで人気を呼び、郷ひろみ、野口五郎と新御三家と呼ばれた。

「情熱の嵐」「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」「ギャランドゥ」など数々のヒットを飛ばす。

「YOUNG-」は、人気音楽番組「ザ・ベストテン」で唯一、最高点の9999点を出した。

趣味のスキューバダイビングはインストラクターの資格を持つ。血液型AB。

10代女性

西城秀樹の死去の訃報を受けてヤングマンを聴きたくなった
10代男性
西城秀樹さん63歳だったのね。
脳梗塞が2003年だから15年もの間リハビリなどしてたのは大変だったと思います

西城秀樹の口コミ情報

20代女性
1~2ヶ月前に、五郎さんとテレビで観たのに…、ショック。
40代男性
新ご三家の一人として活躍していた西城秀樹さん最近は脳梗塞で倒れてから懸命にリハビリして少しずつ回復してステージにも上がってたのに残念ですね

心より御冥福をお祈り申し上げます

60代女性
バイキングでも西城ひできさんの死去の速報に凍り付いて口パクの舌ぺろぺろだった
50代男性
昔接客業やってた時に
1度だけ対応した事があります
格好良かった。

お悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク


60代男性
まだまだ若いのに、本当に残念。 テレ朝でも西城ひできさんの現在が速報が流れた

30代男性
秀樹さんの訃報が入ってから電波が繋がりにくくなって混乱しているところからも偉大さを感じる。
20代女性
昭和の灯がまた一つ消えてしまった・・・
まだまだ歌いたかっただろうに・・・
ご冥福をお祈り致します
30代女性

この頃の西城秀樹さんは現在のように立てない事はなかったみたいですね!
2017は口パクで舌ぺろぺろだったのは病気が原因だったのかな

40代男性
早すぎるのでは…
若い頃 たくさん 元気
頂きました。
40代女性
西城さんは脳梗塞を2度も経験され、リハビリを繰り返していたことを知り、社会福祉関係者として応援していました。
ヤングマンなど当時の若さや力強さを象徴する作品が多いだけに、誰でも加齢にともない、身体の不自由や障害が発生することを体現して教えてくださった方だと思います。
20代女性
信じられないような若さでお亡くなりになられてしまった…
慎んでお悔やみ申し上げます。


スポンサーリンク