株式会社サン(川崎市)がALC貝塚学院を支援した地元企業!織戸四郎とは?

川崎市にあるALC貝塚学院を支援した地元の企業はどこなのか判明!

経営支援する事になった会社名は株式会社サンで代表取締役は織戸四郎(おりとしろう)社長です。

(株)サンの住所は川崎市川崎区で川崎駅前のビルの一室でどのような会社なのか?

2001年に設立し業種に関しては発電所の管理や貸事務所業で資本金は3000万円となっています。

TBSのNスタで詳細が明らかになりましたのでALC貝塚学院を支援した地元の企業の詳細を確認していきます!

スポンサーリンク


ALC貝塚学院を経営支援した地元企業は(株)サンだった

こちらがALC貝塚学院を支援した企業に関する記事詳細です。

川崎市の認可外”幼稚園”「A.L.C.貝塚学院」が破産と事業停止を保護者らに通告していた問題で、同社は3月29日、一転して、資金援助を受けて園を継続すると発表した。しかし今後の事業についての明確な説明はなく、保護者らは不安を口々に話した。

運営する有限会社アメリカンラングエイジセンター(ALC)が同日、保護者向けの説明会で発表。職員らの多くも園に残ると説明した。

一方で、運営資金援助を申し出たというのは川崎市の株式会社サン(代表取締役・織戸四郎)だが、説明会にも同席はしなかった。ALCの鈴江奈穂子部長の説明によると、太陽光発電などの事業を行う会社で、26日の報道を受けて資金援助の打診をしたという。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00010009-huffpost-soci ハフポスト日本版

このように川崎市にある認可外幼稚園「A.L.C.貝塚学院」が3月26日夜に破産申請の意向である事を公表しましたが地元の企業である(株)サンが経営や運営支援を表明した事で破産する事はなくなったようです!

いったいこの支援する事になったサンという会社はどのような企業なのかNスタで報じられた内容でみていきます。

【続報】→ 織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!

織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!
株式会社サンの代表取締役の織戸四郎(おりとしろう)社長とは一体何者?早稲田大学卒業で36歳? 2ちゃんねるでは...

株式会社サン(織戸四郎社長)の詳細

スポンサーリンク


認可外保育園であり破産・倒産予定であったALC貝塚学院に支援した川崎の地元の企業が織戸四郎さんが社長をしている株式会社サンという会社である事が報道されました!

いったいどのような会社であるのか調べてみるとTBSのNスタでいち早くこの会社の詳細を取り上げていました。

会社名:株式会社サン

設立:2001年

代表:織戸四郎(おりとしろう)社長

資本金:3000万円

業種:は発電所の管理や貸事務所業

住所:川崎市川崎区

(※いきなりステーキと同じビルに入っているという情報から〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町 駅前本町11−1パシフィックマークス川崎 なのかもしれません。)

場所;川崎駅前のビルの一室

株式会社サン

出典元:https://www.tbs.co.jp/n-st/ Nスタ|TBSテレビ

破産・倒産寸前だったALC貝塚学院の場所から直線距離で約2kmの場所にあります。

その他:株式会社サンが報道でALC貝塚学院の状況を知って3月26日に援助や支援を打診したという事です。

【続報】→ 織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!

織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!
株式会社サンの代表取締役の織戸四郎(おりとしろう)社長とは一体何者?早稲田大学卒業で36歳? 2ちゃんねるでは...

(株)サンがALC貝塚学院の経営支援を発表

スポンサーリンク


(株)サンが破産・倒産寸前だったALC貝塚学院の経営支援を発表しました!

これにより閉園せずに幼児園の事業継続が可能になってきたようです。

そのマスコミ宛てに送信された(株)サンの内容は下記です。

3月29日に正式に経営支援する事を決定すると記載されているのが分かります。

(株)サンがALC貝塚学院の経営支援
出典元:Nスタ|TBSテレビ

【続報】→ 織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!

織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!
株式会社サンの代表取締役の織戸四郎(おりとしろう)社長とは一体何者?早稲田大学卒業で36歳? 2ちゃんねるでは...

破産申請から支援までの流れ

川崎市にある認可外幼稚園のALC貝塚学院は閉園になってしまうのか?

それとも継続する事ができるのか保護者の方も困惑しています。

破産決定から幼稚園の継続可能になったこれまでの経緯を確認していきます

3月21日:ALC貝塚学院事業の行き詰まりを明らかにして破産を決定しました。

3月25日:卒園式が行われましたが閉園についての話はありませんでした!

3月26日:ALC貝塚学院が突然の閉園を保護者にメールで通知

  閉園理由は「少子高齢化による入園児が減った」「認可外の為に次年度の入園予定児が減った」
ことから事業の継続を断念し3月中に破産申請手続き申し立てを行う

この報道を知った地元企業の(株)サンが援助を打診しました。

3月28日:支援の方針が確定し保護者に緊急連絡「市内地元企業様のご協力により、引き続き、幼児園事業を継続できる方向の模索に舵を切れる状況が見えてまいりました」とメールを送りました。

  

(株)サンがALC貝塚学院の経営支援
出典元:Nスタ|TBSテレビ

そして今後はどうなるのか現在までに決まっている事を次の項目で見ていきます。

ALC貝塚学院の今後は?

スポンサーリンク


ALC貝塚学院の今後に関しては一定期間を経た後に「サン」に譲渡し幼稚園の運営を改善していくようです。

また運営方針については認可外で教育主義として教育内容は同様との事です。

また職員については株式会社サンの代表者が引き続き残ってもらうように説得しています。

また給食費やプール費などへ返却予定で入学金は返す時期を精査中です。

債権に関しては返金する方針のようですが詳細は未定のようです。

株式会社サン
出典元:Nスタ|TBSテレビ

【続報】→ 織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!

織戸四郎(2ちゃんねる苦情)株式会社サンの社長の顔画像や経歴がヤバい!
株式会社サンの代表取締役の織戸四郎(おりとしろう)社長とは一体何者?早稲田大学卒業で36歳? 2ちゃんねるでは...

スポンサーリンク