明石家さんま 思い出トークの内容は?死去された松之助師匠に会いに行っていた!

 

明石家さんま 思い出トークが注目されていますね。

明石家さんま(63)さんは前日に死去された師匠・松之助さんとの思い出トークで会場の笑いをさらったようです!

いったいどのようなトーク内容だったのか画像や口コミ情報等で明石家さんまさんを紐解いて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

明石家さんまの思い出トークの真相は?

スポンサーリンク


明石家さんまさんが2月23日に大阪市内にオープンした「クールジャパンパーク大阪」のこけら落とし公演「さんま・岡村の花の駐在さん」に出演したようです。

さんまさんが大阪で仕事をするっていうのも意外な感じもしましたがナイナイの岡村さんと舞台共演したようです!

ちなみにこのクールジャパンパーク大阪の場所は大阪城公園駅近くにあるようです。

そこで明石家さんまさんが前日の2月22日に死去された師匠の笑福亭松之助さんとの思い出トークを繰り広げました!

どんな内容だったのか?

桂三枝さんから3か月前にさんまさんに電話があったようです!

「師匠の松之助さんの体調がやばく「もうあかんで、すぐに会いに行け」と

その連絡を受けて明石家さんまさんが師匠の所に会いに行ったようです!

「行ったらすっごい(師匠は)元気!“オマエ(さんまさん)に弱ってるとこ見せたないねん!”と帰らされた」とぼやき会場の笑をさらいました!

その映像や動画が無いか調べてみましたがやはり舞台で撮影禁止だったようでネット上ではみつかりませんでした。

 

スポンサーリンク

明石家さんまの思い出トークが報道される

スポンサーリンク


今回の報道内容はこちらです。

明石家さんま(63)が23日、大阪市内にオープンした劇場型文化集客施設「クールジャパンパーク大阪」のこけら落とし公演「さんま・岡村の花の駐在さん」に出演した。

 松之助さんの話で笑をさらうプロ根性もみせた。「昨日亡くなったけど、(文枝から)3カ月前に“もうあかんで、すぐ会いに行け”と連絡が来た」と明かした。「行ったらすっごい元気!“オマエに弱ってるとこ見せたないねん!”と帰らされた」とぼやき、文枝に「“もう死ぬで”って期待感があったんやろな」と憎まれ口をたたいた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000172-spnannex-ent

 

スポンサーリンク

明石家さんまの思い出トークにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

スポンサーリンク


40代女性
弟子が超大物になり
師匠としては誇らしくあったことと思います。
さんまさんは立派に師匠孝行していて素晴らしいと思います。

どうか安らかに…
ご冥福をお祈りします。

40代男性
「師弟」の関係が
少なくなった世の中で
すごい、すごいと言うだけで
自分は師匠にも弟子にもならない
のが現実

愛情、友情には情はあるが師弟には
情がない厳しさを踏んできた人だから
あれだけ素晴らしい弟子が生まれたん
だろうと思う

20代女性
100周年の時の駐在さんがすごい良かった
あの時は松之助さんも出演されたんだよね
さんまさんがタジタジだった(笑)

30代男性
さんまの人生を語る資格はないけれど、生い立ちが苦労の連続だったさんまを、無償の愛で応援してくれた数少ない存在だったのかもしれんね。そして師匠への義理を、終生貫くさんまもすごい。
芸名をさんまにさせられて、落ち込んだエピソードは、おもしろいけど。
30代女性
やっぱり凄い人だな〜。
プロの中のプロだね。
改めて偉大に思う。

スポンサーリンク


50代男性
ざこば師匠に厳しく古典落語を指導したらしいのでさんま様は大阪で留める人材ではなく東京に行かせたのは先見の明があったのだろう。合掌。
20代女性
ホンマは最高に悲しいはずやのに、しっかり舞台を勤め上げ、笑いに変えてしまうさんまちゃんはホンマのプロフェッショナル!
60代男性
さんまさん偉大な師匠に感謝しかないですね
師弟とはいえずーっといい関係であったし
いい距離感で見ていて素晴らしいかったです
50代男性
芸事で生きてる人間の宿命だね

どんなに悲しくても
舞台は降りることを許されない。

親兄弟の葬式は出られない
師匠でも、それは同じなんだろうな

本当に葬式に出れないって事は無いと思うけど舞台があれば優先順位を考えてしまうんだろうな

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

明石家さんまさんの思い出トークの内容は前日に死去された師匠松之助さんに会いに行った時の内容でありました。

松之助師匠は、たしか彼女と逃げ出した時も、戻って来たさんまさんを笑って許したんじゃなかったでしょうか。

師匠の亡くなった事も、笑いに変えてくれる愛弟子の成長を、天国で嬉しく思っているのかな。きっと、さんまさん自身もそうされたいのかなと思います。

 
スポンサーリンク