三陽商会 バーバリーロスでヤバい【画像有り】

 

三陽商会のバーバリーロスが話題になっていますね。

スポンサーリンク

バーバリーロスとは?

 「デジタルの力も借りて、日本を代表するジャパンプレミアムファッションカンパニーを目指していく」――。三陽商会の岩田功社長はそう力を込めた。

 10月30日に開かれた三陽商会の2018年12月期第3四半期の決算説明会。通常、同社は中間決算と本決算の発表日に説明会を開催するが、第3四半期に社長が説明の場に立つのは異例。このタイミングで説明会を開いたのは、中期経営計画で掲げていた今期の黒字化が困難になったことを受け、今後の成長戦略の具体策を示す必要があったからだ。
.

■埋まらない”バーバリーロス”

 主力ブランドであったバーバリーとのライセンス契約が2015年6月に終了して以降、三陽商会の業績は低迷が続く。今年7月に下方修正した今期の会社計画では、売上高605億円(前期比3.3%減)、営業損益は16億円の赤字(前期は19億円の赤字)と、3期連続の営業赤字に沈む見通し。売上高はバーバリーブランドを持っていた2014年度の半分程度に落ち込み、2017年2月に発表した中期計画で2018年度黒字化を目指していた会社の目算は大きく外れた。
.

 2017年1月に就任した岩田社長はバーバリーなき後の成長の肝として、ネット通販(EC)と直営店の強化を挙げていた。が、まさにこの2つの事業の売り上げが想定を下回ったため、今期も赤字継続を余儀なくされている。

 自社サイト「SANYO iStore」での売り上げが大部分を占めるECは、期初時点で前期比30%増の売上高を見込んだものの、今年1月~9月までの実績は6%弱の増収にとどまった。セール期の在庫を絞りすぎた結果、サイトへのアクセスはあっても「品切れ」ばかりで売り上げにつながらなかった。そもそも、主力ブランドの「マッキントッシュ」や「ポール・スチュアート」などの顧客獲得が進まない限り、ECの大幅な伸びも期待できない。
.

 直営店では「マッキントッシュ フィロソフィー」の雑貨などを取りそろえる新業態を始めたり、百貨店を中心に出店してきたブランドを駅ビルに出店したりするなど、新たな取り組みを加速。だが、「駅ビルの顧客層に合った商品展開ができておらず、価格帯も百貨店向けとほとんど変わらない」(アパレル業界関係者)といった課題も大きく、想定した売り上げには至らなかった。

 成長の要と据えたはずの事業が振るわない。焦りが募る中、9月下旬には販売職を除く全社員約1000人を対象に、4分の1に当たる250人程度の希望退職者を10月末から募集すると明らかにした。

希望退職の募集は2013年と2016年に続く3回目だが、これまでは募集開始の3~4カ月前に詳細が発表されたのに対し、今回はわずか1カ月前。今夏には人材確保や現場の士気向上の一環で、1年以上勤務する販売員を正社員化する制度を導入し、約800人の販売員を正社員化した矢先でもあった。

 「(希望退職によって来期は)かなりのコスト削減を予定しているので、売り上げがそんなに伸びない中でも利益が出せる体質になる」(大村靖稔常務執行役員)
.

■商品の存在感が薄い成長戦略

 想定以上の売り上げ不振を踏まえ、今下期は広告宣伝費を追加投入し、既存ブランドのファッション雑誌や新聞広告への掲載に力を入れる。岩田社長は、これらマーケティング施策や販管費の圧縮で2019年度の営業黒字化を目指すと宣言し、デジタル化やM&Aの推進のため2020年までに100億円超の投資を計画する。

 実際、変革に向けて地盤を固めようとする様子はうかがえる。今年に入り、ラグジュアリーブランドのEC支援を行うルビー・グループを買収したほか、AI(人工知能)による顧客データ分析などを目的としたベンチャー企業・ABEJAとの業務提携も今回の決算と同時に発表した。
.

 ただ、販売や商品企画の“手段”に対する具体的な投資が目立つ一方、商品そのものをどう強化するかという点は見えづらい。決算説明会では、同社のオリジナルブランドである「エポカ」の事業拡大を検討しているという説明があったくらいで、各ブランドの今後の商品戦略やターゲット層の設定などに関する具体的な言及は乏しかった。

 「ほんとうにいいものをつくろう」を経営理念に掲げる三陽商会。バーバリーという金看板を失っても、長年使い続けられる品質やデザインを兼ね備えた商品づくりを強みとしてきた。黒字化という命題に目を奪われるばかりに、ものづくりを支える地盤が弱まっては本末転倒だ。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00246467-toyo-bus_all

 
スポンサーリンク


三陽商会の口コミ情報

40代女性
イソジン、ナビスコもだけど、服飾系はそれよりブランドの影響強いからな
バーバリーのロスは大きいが、いいものは作れる会社が三陽商会だと思うので、何とか頑張ってほしい。
40代男性
やはり、バーバリーの金看板をロスして失ったのは痛かった訳ですね。
ネームバリューで商売してたのだから仕方ない。良いもの作っても、買ってもらって、使ってもらって、広まっていくのも時間がかかります。
20代女性
基本は製造業&卸で、エンドユーザー向け販売に関してはシロウト同然なのだから、直営店やECで自前のマーケティングをしようとしてもすぐに上手くいくわけがない。気の毒なのはバーバリーを失ったタイミング。アパレル不況の真っ只中だからね。経営が順調な時期に、バーバリーロス事態を想定した改革を三陽商会はしておくべきだった。
30代男性
単純に新しく方向転換したイメージが必要だと思う。手始めに国内外の若手デザイナーと契約してネット販売を中心にやるとか?三陽は老舗だから信用があるのでネット販売に力を入れても売れると思うけどね。
あと中堅や有名ブランドとのコラボ企画商品をシーズンごとに展開して常に新しいものを提供してる姿勢を打ち出すのも大事かな?
で、ある程度軌道に乗ったら自社ブランド、特に定番商品を充実させていくのがいいと思う。ノウハウが無いのに、ファストファッションに手を出すと失敗するから、あくまでスタンダード路線で。定番のラインで品数絞ってカラー展開や、無地路線、服飾、アンダーウェアなどもシンプルだけど生地にこだわるとかセールスポイントを作って展開するとブランドに左右されない安定した経営ができると思うけど。
これだけの規模の会社だから、すぐに結果が出ないやり方をするのは、難しいだろうけど、頑張ってほしい。

30代女性
通販はたまに使ってますが、欲しいと思うものが、店舗限定、かつ、取り寄せも不可で、買えないものが多いのは改善して欲しいです。
せっかく素敵な品があっても都内の限られた店舗限定でしか買えないんじゃ、店舗に行けない利用者はいつまでも買えません。
付加価値は付くんでしょうが売り上げには繋がらないので、通販で出す意味が無いような。

あと、100年コートの企画は良かったです。
自社製品でも 十分に耳目を集められるものを作り出せると思うから、ここは頑張って欲しいですね。

50代男性
三陽商会のものが欲しい人は良いものを求めているのだから駅ビルに出店しても集客は見込めないでしょう。

バーバリーを失ったのは痛いけど、それでも以前は100年コートとか19800円ダウンとか魅力的な企画があってちょくちょく買っていました。ブランドライセンス品に頼るのではなく、魅力ある自社製品を開発しないと存続が難しいのでは。

スポンサーリンク


20代女性
三陽商会は商品は良いと思うんだけどなあ。

買って良かった!って思えた商品の方が今まで多いから、なんか悲しいし、頑張って欲しい。

60代男性
昔、ヤナセがフォルクスワーゲンの取り扱いを中止してヤナセのショウルームから賑わいが去って、双方苦い経験があった。ワーゲンはそこまでの痛手ではなかったが、ヤナセは情勢の変化が激しい中でバブル崩壊を迎えいまは再度ワーゲンと手を組んだ。

いいものを売るには販売力だけでなく品位と品格を備えてないと扱うブランドの価値が低下する。

いい時期もあれば苦い時期もあるが、そこでどう生き残るか。ヤナセはオーナーが変わっても、販売店は名前名前と共に生き残っている。

バーバリーを失っても、良いものを売る精神は長けていると信じたい。ここは耐え忍ぶ正念場であろう。再度、バーバリーとの再契約もあるかもしれない。事実、バーバリーの日本市場が好調とは残念ながらあまり耳にしない。

50代男性
日本でバーバリーを著名にした立役者だが、所詮は他社ブランド…
自社ブランドを育ててこなかった、育てられなかったツケは大きい。
いいものを作る力はあるはず。だが、この業界はブランドの影響力が相当大きいということなのだろう。
何とか稼ぎ頭のブランドを作り育てていただければと思うが…
10代男性
粗益の40パーセントを占めているライセンスやブランドがなくなれば、
どこの仲卸やリテーラーも衰退します。
そういった動きがスペインで直営化問題としてあり、その経営状態が好調であることが示されていたにもかかわらず、三陽商会は胡坐をかいて、バーバリー社のライセンスをつなぎとめることができなかったことが最大の敗因ですね。
三陽商会自体のブランドは品質にいいものばかりです。しかし、未だにバーバリー=三陽商会というブランド力に名残が根強くあり、三陽が持つライセンスブランが束になっても、バーバリーにはかなわないという現象が起きている。更にクレストブリッジなどの錯誤商法に至っているという指摘があっても不思議ではないと思う。
バーバリーライセンスというよりも、主要因は三陽商会の中長期のライセンス経営による経営戦略が未だに乏しいことが証明されているということです。

 
スポンサーリンク