佐々木朗希 高校球界最速の映像や動画×3本がヤバい!

佐々木朗希 高校球界最速が話題になっていますね【163キロの動画有り】

スカウト合戦でメディア報道、口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい佐々木朗希投手の高校球界最速とはどういう球速なのか気になりますので映像や詳細をまとめていきます。

下記が佐々木朗希投手が163キロ出した動画でかなり早い投球です。

佐々木朗希 高校球界最速の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが佐々木朗希 高校球界最速に関する記事詳細です。

今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、大阪府内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。

 捕手を務めた渡部雅也(3年)=日大山形=は「受けていても怖かった。捕るだけで精いっぱい。160キロと聞いて『そりゃ、出ているだろうな』と。『ビュン』の上。『ギュン』。捕りにいったら、そこからまた伸びてくる。体感速度が違う」と、驚きを隠せなかった。

 急造バッテリーということで、暴投も2度あった。「目も体も追いつかなかった。チェンジアップは普通、打者のタイミングを外して泳がせるのに、(佐々木の)チェンジアップはめちゃくちゃ速くて訳が分からなかった。普通の投手の真っすぐより速い」と、すごさを表現した。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000205-sph-base スポーツ報知

佐々木朗希の高校球界最速の詳細

 【巨人】“令和”の怪物・大船渡の佐々木朗希「ドラ1」マーク -スポーツ報知(4月2日)

 日米18球団集結「大谷と肩並べる」大船渡佐々木評 -日刊スポーツ(3月31日)

今回の佐々木朗希投手の高校球界最速についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

高校球界最速の佐々木朗希の画像や動画

スポンサーリンク


佐々木朗希投手の高校球界最速に関する口コミ情報

スポンサーリンク




163キロ、凄いね。
変化球も何種か持っているので高校生では打てないな。
プロ野球に進むのだろうが彼の活躍する姿を見るのが楽しみだ。



大船渡の監督さんからは、この遠征は力まず、MAX8割くらいで投げる様に言われたらしい。
まだリミッターはその先にあるかも、、凄すぎます。



スゴイですね。
でも、そのスゴイ球をいとも簡単に打ってくるのもプロ野球。
野球で飯が食えるのは本当に一握りですね。



前に計測ミスでも163キロ出したピッチャーでした。今度は正真正銘。凄いです。



ただの速球だけの投手とは違って全ての能力が高い佐々木朗希投手は正真正銘の怪物



岩手っていうのは速い球投げるのが多いところだね。大谷翔平選手にしろなんかあるのかな。



力(能力)がありすぎると、怪我が怖いよね。
まだ身体ができてないし。



無理しないでね、肩壊すよ。プロになるまで抑え気味にね。



計測ミス…?では無いのかと疑いたくなる数字。
ただただすごい。

この佐々木も大谷も同じ岩手県出身というのもなんかすごい。

おわりに

今回は佐々木朗希投手の高校球界最速について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていますがスカウトが大勢集まっているのも頷けますね。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク