セメンヤ IAAF見解で女子の競技に出場できない!?

 

セメンヤ IAAF見解が注目されていますね。

IAAFがセメンヤ(南アフリカ)選手は「生物学上は男性」に分類されるべきと見解を述べた事で波紋を広げています!

過去には性別疑惑もあったセメンヤ選手に何が起こったのかWIKI経歴や動画&画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 

セメンヤに対するIAAFの見解は?

 
Sponsored Link


 

英紙タイムズ(The Times)が報じた内容によると国際陸上競技連盟であるIAAFは女子800メートルの五輪女王キャスター・セメンヤ(南アフリカ)選手について見解を述べました!

「セメンヤ選手は生物学上は男性」に分類されるべきである!

セメンヤ選手が女子の競技に出場するのであれば、男性ホルモンの値を抑える薬を服用しなければならないと見解をのべています。

 

セメンヤにIAAF見解報道

 
Sponsored Link


 

今回の報道内容はこちらです。

AFP=時事】英紙タイムズ(The Times)は13日、国際陸上競技連盟(IAAF)が、女子800メートルの五輪女王キャスター・セメンヤ(Caster Semenya、南アフリカ)は「生物学上は男性」に分類されるべきであり、女子の競技に出場するのであれば、男性ホルモンの値を抑える薬を服用しなければならないと主張する見通しだと報じた。

 セメンヤは値が高い女子選手の出場資格を制限するIAAFの規定についてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しており、翌週に行われる審理は注目を集めている。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000024-jij_afp-spo

 

セメンヤのIAAF見解にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 
Sponsored Link


 

 
 
難しい問題ですね。
”普通の意味での女性選手”からしたら、天然の状態ですし。
じゃあ男女分けることをのものを無くそうか、
ってことになったら、本人が嫌がりそうだし。
女性には勝てても男性には勝てないんですからね。

 
 
難しいですね。
女性として登録してるけど、卵巣はなく精巣があり、声も低い。
女性と婚約?結婚?したとかいうニュースも見た気がする。
ということは心は男性?
でも女性として登録して金メダル…
何かモヤモヤするなぁ。

 
 
論理的思考で考えるとIAAFの言う事の方が正論だと思います
科学が進歩しなければわからなかったこと
セメンヤ選手は生まれた時代が不運ですね
ただ、他の競技の過去の成績に関してはわからないし
女子のレコード記録は一度どこかでリセットした方が良いのかも?

 
 
女性として五輪に参加するのは不公平でしょうね。

階級のある競技なら、無制限の選手が軽量級と戦うようなものです。

男子選手として参加すればいいのでは。
それではメダルが取れないのなら、それが実力でしょう。

 
 
難しい問題ですが現状で出場を認めることのほうが大きな問題になると言うことでしょうね。

 
 
オリンピック選手って、みんな並大抵の身体能力じゃないと思う。
女子の陸上選手は一般男性より足が速いだろうし、バレーやバスケの選手だって身長という生まれ持った身体的な特徴でかなり有利になる。
だから値が高いことも、その人の生まれ持った身体能力だと言われればそれまでだけど。
完全なる女性の身体(内蔵的にも)が高いなら女性として出場して良いと思うけど、卵巣が無いだけじゃなく精巣があるならそれは単に身体が男性だってことでしょう。
本人の自意識が女性だろうと男性だろうと。
残念だけど、競技である限り公平な出場規定は必要だと思う。
それも本人の身体能力のうちなのかも。

 
 
こんな人知を超えた話、解決出来るわけないよなあ。

確かに、セメンヤ選手を完全に女子扱いするには違和感は感じるけど、じゃあどうすれば良いのって話。

 
 
トランスジェンダーの問題は今後もさらに人々の間に理解が深まって、性別の問題を抱える人達がより生活しやすい環境になることを願っている。
ただことスポーツに関しては、元男性である女性が女性の競技に参加するべきではないと思っているし、その逆もまた然りである。
こればかりは持って生まれた体力の違いというものがあるので、そこはハッキリさせた方が良い。
なんでもかんでもいっしょごたにすることが、解決の道だとは限らない。

 
 
IAAF見解色々と賛否あるとは思いますが…。

セメンヤ選手も色々な悩みや両性具有として葛藤などがあったと思います。持って生まれた才能として評価してあげる事は難しいのでしょうね?

人はそれぞれ違うものでそこをスポーツを通して競うのが本質じゃないですか?

もし、3メートルの身長を持つバレー選手やバスケ選手が現れたら反則扱いにするのでしょうか?

男性の身体能力を持つ女性として評価できないんでしょうか?
でも、生物学上男性として評価されたのなら不公平な気もするし…。
とても難しい問題ですね?

私個人の意見は本人がどちらとして生きていくのかで評価でいいと思います。性の対象も男性で私は女として生きていくと宣言しメダルを取った上でその後の生活に男性的な状況がみられた時、メダル剥奪&参考記録扱いの処置で繰り上げる。

 
Sponsored Link


 

 
 
デリケートな問題だけど放置は出来ないですね、彼女の持つ両性具有という特徴が女性アスリートにとっては不公平である、のは間違いないことですからね、IAAFの処置が「セメンヤ一人を狙い撃ちしたものだ!」と批判されてましたが、そうではなく、すべての女性アスリートにとってのは公平性を取るものであった、ということが分かったのは大きいです、セメンヤ選手にはお気の毒ですが、極めてレアケースですので、記録等はやはり参考扱いにせざるを得ないと思いますね

 
 
自分の心が男か女かは関係ない。
それを認めたらスポーツが成り立たない。
可哀想だけど生物学上の話をしなければならないね。

 
 
これは本当に難しい問題。

人は男と女に単純に分類できず、境界は曖昧で連続的。だからスポーツの男女別はやめて一本化…というわけにもいかない。女性アスリートの上位はそれで報われるべきだとも思う。

量で分類するのもボーダーギリギリの女性が有利なわけで、これはこれで程度問題の分類だからボーダーの決め方で公平性が守られるかどうかは難しい。

 
 
天然? でも彼女のせいではないのに
でも他の女性アスリートにしてみれば不公平な状況

公平に競技を運営する側からみれば彼女を除外するしかないんだね
悲しいけど

 
 
日本の陸上でもあった話。中学生?ぐらいから注目されたが、結果が男性ならば納得だが女性となると異常?で、調べたら…その子は高校生の時じゃないかなぁ?そう判明したのは。で、陸上は続けるが大会には出られないとなったはず。彼女も親御さんも困惑、が、受け入れるしかない。
日本にも実はあった話。未成年の子だったから大きな話題にはしなかったはず。
その時の彼女を思うと、見ていた私も辛かった。
だって、彼女も親御さんも「女の子」の認識が、十代という多感な時に知らされることじゃないし、自分で違和感を感じたわけでもない、努力してだしたタイム(記録)があれ?と、思われてなんだから。
日進月歩の医学のはず、早くに誰もがまずは産まれもったものを知る場があればいいのかもしれない。

 
 
DSDのアスリートたちの非ではないけれど、日夜努力と練習を積んでいる一般の女子選手からすれば、どうにもならないことで勝敗が決まるのはやりきれないだろう。男子・女子以外の区分を設定する以外には、公平な競争環境にはならないだろう。アスリートでなければこういう問題にはならなかっただろうから、選手本人もつらいだろうが。

 
 
特殊なケースとは思うが、とにかく、生来の身体的特徴を喪失したなら参加可能というのは、非常に違和感を感じる。違和感というか、残酷だと感じる。

むしろ、値が男性並みなら、少なくとも、女性競技は不可、男性競技なら可としたほうが良い。性別云々ではなく、競技に関してだけの、特別対応として。

 
 
そもそもがありえない議論のような…
規制するなら、ボクシングの減量などのように試合前日の数値を下げればいいのか?
トレーニングもダメなのか?
もしダメなら競技を始める時点で検査して幼少の頃から薬を飲まなきゃスポーツもできなくなる。
持って生まれたものなら能力として認めてあげないと、規制するなら全てのアスリートを対象として検査するべき。
強いからダメとか弱いからいいではなく、持って生まれたものなら平等なルールの中でやらないと。
罪の無い自分自信や運命、親まで恨むような事になってしまったら本当に悲しい事。

 
 
本人が望んでそうなった訳ではないだけに、セメンヤ選手には気の毒だ。どこにボーダーラインを設けるのかは、まだまだ議論が必要だろうし、その答えも時代と共に或いは科学や医学の進歩と共に変わっていくかもしれない。ただ、現時点ではIAAF の言い分に一理あるんだろうと思う。セメンヤ選手には同じ境遇にあるアスリートや、それを目指す人々の礎となるように頑張って欲しいとしか言えないよね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

セメンヤ選手に対するIAAF見解が出た事で波紋を広げています!

このセメンヤ選手が女子競技に出場することができるのか注視して見ていく必要がありそうですね。

 
Sponsored Link