セリーナ・ウィリアムズ 涙の真相が衝撃的!【インスタ画像有り】

 

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ選手の涙が話題になっていますね!

いったい警告を受けてポイントやゲームを失うと涙も流すなど荒れたとはどういう事なのでしょうか?

今回は、夫と姉妹がいる36歳のセリーナ・ウィリアムズ選手について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
Sponsored Link


 

セリーナ・ウィリアムズ選手の涙とは?

朝日新聞デジタル他、メディア各局がセリーナ・ウィリアムズ選手の涙に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 ニューヨークで8日に行われたテニスの全米オープン女子シングルス決勝で、大坂なおみ(日清食品)に敗れた元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米)。試合中はラケットをたたきつけて壊し、審判に激しい口調で執拗(しつよう)に抗議。警告を受けてポイントやゲームを失うと、涙も流すなど荒れた。
 ただ、試合後の表彰式では「彼女は安定したプレーをして、勝つに値した」と大坂をたたえた。会場から起きたブーイングについても「彼女にはふさわしくない。ブーイングはやめて。私はまた前を向いて進んでいくだけ」と語った。

出典元:朝日新聞デジタル

 

 
Sponsored Link


 

セリーナ・ウィリアムズ選手の口コミ情報

40代女性
審判の言うことは絶対だからね。セリーナ・ウィリアムズ選手抗議して涙したくなる気持ちも分かるけれど、それを抑えて戦わないといけないよ。テニス協会から厳重な注意をしてもらいたい。
40代男性
発端のコーチングのバイオレーション。これは微妙な判定と問題。
ラケット破壊、抗議はコーチングのバイオレーションなければ、起きなかったかったかもしれないが、なおみのプレイが際立って、自分との出来とのコントラストのイライラがあったのは白日。
それだけ、なおみのプレイ・集中力・メンタルの出来が勝者だった。

観客のブーイングは全てのアメリカ人ではないが、アメリカファーストの要素が未だにある事も悲しかった。
全てはセリーナ・ウィリアムズ選手サイドの問題なのに、なおみのコメントは賞賛以外のモノではない。
彼女のファンが多くなるのは予想できます。
立ち振る舞いは日本人。肌の色や言語ではなくスプリットは日本人。涙が出てきますね。
次は、彼女が笑顔でグランドスラムのウイナーインタビューを見たい。
Thank you so much Naomi!

20代女性
セリーナ・ウィリアムズ選手いろんな気持ちがあるだろうけど自分の勝負道具をあんな風にするなんて、、それはいかがなものかもいつも思う。テニスでは感情でそれが許されるのが理解できない。 
大坂選手おめでとうございます!感動して涙流しました!
圧倒的なテニス!
パワーをもらいました。
30代男性
セリーナは偉大な選手ですが日本人の謙虚な心はないアメリカは個々の利益が優先されるが日本人の私から見るとカッコ悪いと思います。
30代女性
一流は、一流を知る。ですね。観客のブーイングは、好ましくないですね。新女王を讃えるスタンディングオベーションをして欲しかったですね。
50代男性
優勝の瞬間のサンバイザーを下げる仕草は日本人特有のものかな?嬉しくて感動して涙を隠すためかも。
女子ゴルフの宮里藍ちゃんの優勝の瞬間を思い出しました。
20代女性
セリーナ・ウィリアムズ選手ももう歳でしょう。動けないから難しいな。 セリーナ・ウィリアムズ選手の涙より大坂なおみ選手の涙が感動もの。
60代男性
セリーナ・ウィリアムズ選手のトラブルは勝負とは全くの無関係。大坂選手の圧勝だった。
謙虚で日本人にはすごく共感できる振る舞いとコメントだ。ハーフであることを揶揄する人もいるが、彼女の中身は全くの日本人。むしろ稀に見るほどの純粋な日本人だ。むしろ彼女から私も学ばせてもらった。

 
Sponsored Link