将棋アマが快挙!折田翔吾の素顔がヤバい!

将棋アマ 快挙が話題になっていますね。

29歳の将棋講師でもある折田翔吾さんのメディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい将棋アマの快挙とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

将棋アマ 快挙の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが将棋アマ 快挙に関する記事詳細です。

将棋の第27期銀河戦(囲碁将棋チャンネル主催)の本戦トーナメントにアマチュア代表として出場した将棋講師の折田翔吾さん(29)=大阪市阿倍野区=が、プロの棋士に7連勝する快挙を果たした。

 折田さんは19日に放送された対局で、窪田義行七段(46)を破った。朝日新聞の取材に対し、「1勝はしたいと思っていたが、流れに乗れた。逆転勝ちもあったので、出来過ぎだと思う」と話した。今回の銀河戦本戦トーナメントでは、アマの木村孝太郎さん(19)=滋賀県草津市=も4連勝している。

 折田さんは棋士養成機関「奨励会」で、プロ入り一歩手前の三段にまでなった実力を持つ。アマとして出た大会で好成績を収め、銀河戦の出場権を獲得した。本戦トーナメントは八つのブロックに分かれている。折田さんは、1回戦から順に神崎健二八段(55)、瀬川晶司六段(48)、三枚堂達也六段(25)、今泉健司四段(45)、堀口一史座(かずしざ)七段(44)、豊川孝弘七段(52)に勝った。次の対戦相手は野月浩貴(ひろたか)八段(45)。自身が出場するAブロックで最多勝利者となることが確定しているため、16人で争う決勝トーナメントへの進出を決めている。

 銀河戦では2000年に、当時アマだった瀬川六段が7連勝を達成したことがある。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000016-asahi-soci

今回の将棋アマの快挙についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

快挙の将棋アマの画像や動画

スポンサーリンク


将棋アマ 快挙に関する口コミ情報

スポンサーリンク




数年前、強いコンピューターの出現で「プロの存在意義」が話題になりました。むしろ、今は『強いアマチュア』の出現によって、プロの存在意義が問われる時代になるかも知れません。そもそも、「プロ」「アマ」というのは人間が勝手に作った言葉で、人間同士が将棋を指すことに変わりありませんから「プロだからアマに勝つ」のではなく「強い方が勝つ」というシンプルな事実にあると思います。ですから、たとえプロであっても、日頃から大して研究熱心ではなく、飲み歩きばかりしている中高年棋士(万年C組)より、プロより強いコンピュータソフトで日々研究している才能溢れる若者の方が勝つのは、将棋の神の目から見れば至極当然の当たり前の事実です。プロもアマも関係ありません。



奨励会を年齢制限て退会しても、その後で開花しプロに勝ち越すようになる者は今後も出てくると思います。
そのような遅咲きの強者にもプロへの挑戦機会を与える現行の制度は素晴らしいので今後もずーっと続けて欲しいです。
NHK杯で藤井七段に勝利した今泉四段も遅咲き組みですが、風貌、所作、気風共に純粋培養された棋士とは一味違うので私は大好きです。



間違いなく早い段階でプロ棋士になった先生の方が、良い成績をおさめているし、中学生でプロになった先生は全員将棋に歴史に名を刻んでいる。しかし、奨励会を突破できなかった反省を活かして将棋に精進しプロ棋士になった先生は別の意味での深みがあり、棋力とは違う魅力で応援してしまう。アゲアゲさんには初のプロ棋士ユーチューバーとなって欲しいです。



アゲアゲ将棋実況、よく見ています。そうですか、折田さんという方だったのですね。いつも素晴らしい解説に読みの深さを感じて、なるほど強い人はここでこう考えるのかと勉強になります。
木村さんは奨励会経験がないのですか、凄いとしか言いようがないですね。お二人のこれからの活躍に注目したいと思います。



アゲアゲさんは確かオンラインで将棋教室もやってる。教えながら自分も強くなっているとは相当な努力をされてきたんでしょうね。



折田さん、木村さんも強いが、アマ最強と言えば実績で横山大樹さんかな。今、竜王戦六組を戦っている。横山さんは奨励会の在籍経験はない。
これまで、奨励会三段当時の西田四段、池永四段に若手有望株の長谷部四段に勝っている。プロになる気はないようですが。



銀河戦は全棋士参加棋戦で、四・五・六段棋士は優勝すれば昇段できる。ここでアマが優勝するとなれば凄いことだ。



自分も少しやってるけど、ここまで行くにはどれほどの努力をしたのか…。アマの希望として快進撃を続けて欲しいです!



今はソフトのお陰でアマチュアでも相当充実した練習ができるのでアマにとってはチャンス到来ですよね。



今はプロ、アマに限らず誰が勝っても不思議では有りません、本来アマに席置いて活動してる人は沢山居ますから8段に居ても必ずしも勝つとは思いません、むしろ練習の仕方ですお見事とか言い様が有りません

おわりに

今回は将棋アマの快挙について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク