新幹線こだま 利点の真相や画像は?各停タイプならではの楽しみとは?

 

新幹線こだまの利点が話題になっていますね。

いったい新幹線こだまが楽しいとはどういうことなのでしょうか!?

気になりますので利点について早速調べていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

新幹線こだまの利点の真相は?

日本の鉄道技術の象徴である新幹線。この年末年始に利用する、もしくはした人も多いことでしょう。北海道から九州まで路線網が充実し、近年は実在の新幹線車両をモチーフにしたロボットアニメも人気。新幹線に対する注目度は高まっています。
スピードや技術が注目されがちな新幹線ですが、実は「昭和の汽車旅」気分を味わえる路線であることをご存じですか。おすすめは、なんといっても「こだま」「つばめ」「なすの」「たにがわ」のような各駅停車タイプ。「のぞみ」などの速達タイプよりも時間がかかり、本数も少ないなどあまり注目されない存在ですが、国鉄時代から続く鉄道旅の魅力をたっぷり備えています。その知られざるポイントを3つ、紹介しましょう。
・だいたい空いている
・停車時間に駅弁を選ぶ楽しみがある
・「こだま」ならではのおトクな商品

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010000-norimono-bus_all&p=1

スポンサードリンク


 

スポンサーリンク

新幹線こだま利点のネットの反応

40代女性
山陽新幹線こだまを使用する格安チケットなら、バリ得こだま も紹介されたほうが良いかと思います。バリ得こだまの場合は、新大阪-岡山、広島-博多などの中距離であっても、設定があり、実用性が高く利点ありです。また、新大阪-博多のような長距離運用のこだまは、本数が少ないという問題もあります。

40代男性
ぷらっとこだまは利用経験ある。
新幹線こだまの旅は思ったほど長くは感じなかった。
むしろ、列車の旅には丁度良いのかも。
しかし、時間かかるこだまとは言え、
在来線でも少なくなった5時間乗車は、ある意味圧巻だな。
いつか乗ってみたい。

 

 

50代男性
昔、東京ー博多間のひかり号が岡山、広島のような途中駅で2分停車していたころにその2分の間にホームに降りて駅弁買うという行動をしたこともあるが、迷惑だったかな。盛岡駅ではやぶさ・こまちの連結・切り離しをする場合も停車時間が長いのでホームの売店にアイス買いに行ったりするが、降りて連結・切り離し作業を見物する人が多い時もある。確かに列車で長い停車時間を楽しむということは昔より減った。

30代男性
500系は、本当にカッコいい!
全盛期には、新幹線こだま専用になるとは、想像もつかなかったです。ある意味利点。

スポンサードリンク