神野美伽 両足手術の真相や画像は!?

 

演歌歌手の神野美伽(53)さんが20日に両足の手術を受けることで注目を集めています!

手術をする理由が骨に穴があき激痛を伴う病気の為であったようです!

いったい神野美伽さんに何があったのか早速みていきましょう!

 

スポンサーリンク

神野美伽さんの両足手術の真相

スポンサーリンク


演歌歌手の神野美伽(53)さんが、骨に穴があき激痛を伴う病気のために明日12月20日に両足の手術を受けるようです。

リスフラン関節症の一種で、数カ所空洞化した足の甲に自らの骨を埋め込む移植手術のようです。

あまり聞きなれない病気です。

神野美伽さんの所属事務所によると、3年ほど前から両足の甲に時折、激痛が走るため1年前に専門医を受診していたようです!

その結果、骨が空洞化して穴があく病気で、足を酷使するアスリートに多くみられるリスフラン関節症の一種と診断されたようです。

 

神野美伽さんの両足手術報道の詳細

スポンサーリンク


今回の報道の詳細はこちらです。

演歌歌手、神野美伽(53)が、骨に穴があき激痛を伴う病気のため、20日に両足の手術を受けることが18日、分かった。リスフラン関節症の一種で、数カ所空洞化した足の甲に自らの骨を埋め込む移植手術が主体となる。サンケイスポーツの取材に演歌界を代表する歌姫は「再び歌うために戻ってきます」と力強く誓った。

 所属事務所によると、3年ほど前から両足の甲に時折、激痛が走るため1年前に専門医を受診。骨が空洞化して穴があく病気で、足を酷使するアスリートに多くみられるリスフラン関節症の一種と診断された。

 その後は体幹トレで骨の周囲の筋肉を増やし、骨の強化注※を打って仕事を続けてきたが、左足甲の数カ所に穴があいて変形し、右足甲も脱臼する状態に。激痛に耐えられなくなり、19日に関西の病院に入院し、20日に手術を受けることになった。全身麻酔で自らの骨盤の一部を左足甲の穴に埋め、右足甲の脱臼とともにボルトで固定するという。

体を酷使してきたことに加え、骨自体が生来弱く、実は15年ほど前から骨折や骨の腫瘍に悩まされてきた。その結果、左膝の半月板損傷で2回、左手の骨腫瘍で2回の手術を受け、今年7月には背骨の一部も骨折したという。手術は今回で5回目となり、最も大がかりなものになる。

※一部省略(詳細はこちら↓)

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000507-sanspo-ent

 

神野美伽さんの両足手術にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

スポンサーリンク


40代女性
世の中には知らない病気がたくさんあるもんだ
大変だと思いますが、復帰する事を祈ってます
40代男性
骨に穴が開く病気って、恐ろしい病気があるんですね。あまり身近にそういう病気の人いないから、驚いたわ。今迄も何回も手術していたなんて、この方はいつも元気なイメージがあるし、相当無理して活動してたのですね。
焦らずじっくり治療に専念して、又、素敵な歌を唄って下さい。お大事に。

20代女性
神野さんと同年代で全く同じ症状で手術した同級生がいた。そいつは中学時代陸上部で短距離の選手だった。高校の時に激痛になり、やはり尾てい骨かなそこの骨を削って埋め込んだと当時は言ってた。手術の後はまた陸上やってた。神野さんは過去にもいろいろ手術してるんですね。早く回復されることをお祈りします。
30代男性
記事見ただけで痛そうと思いました。早くよくなるといいですね。でも、どこの骨を移植するんだろう、
30代女性
血流止まって骨が壊死したことありますが、激痛です。一ヶ所でも激痛で骨には麻酔が効かない(痛み止も)ので本当に大変だと思います。移植は近隣部位からだと思いますが、術後も大変です。
応援しています

50代男性
このニュースを見て驚きました。
神野美伽さんは昔から健康で幸せなイメージがありますし
また離婚していた事も知りませんでした。良くなってまた
歌って下さい。

10代男性
そんな大変なご病気に罹っているとは知りませんでした。お大事になさって、一日でもお元気な姿を皆さんにお見せ下さい。

60代男性
NHKの「うたコン」など歌番組で元気で歌ってて少しもそんな難病抱えていたとは気付かなかった、元気に戻ってきてまた感情豊かな歌を聴かせくれることを期待しています、頑張って!

10代女性
ヨチヨチ歩きが出来るようになるまで1ヶ月半かかるのに、その前に公演で復帰。
大丈夫かな。
以前の松田聖子さんのライブのように、車椅子に座って歌うのかな。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

神野美伽さんの両足手術は明日20日に行われるようです!

骨の手術のようですが無事に完治して復帰を待ち望んでいます。

 
スポンサーリンク