しらせ 被災者支援の真相がヤバい【画像有り】

 

南極観測船「しらせ」の被災者支援が話題になっていますね!

いったい、被災者支援とはどういう事なのか?

巨大地震で甚大な被害を受けた北海道苫小牧市で、南極観測船(海上自衛隊砕氷艦)「しらせ」が7日、入浴などの被災者支援を行った。

海自によると、南極観測のため国外活動が長い同艦が災害派遣に参加するのは珍しく、初代しらせの三宅島噴火(1983年)以来2回目。

 海自によると、しらせは長期間航行するため、風呂が広く給水タンクも大きい。6日に苫小牧港に入港し、被災者に艦内の入浴施設を使ってもらうほか、携帯電話の充電サービスや給水、医療相談を行っている。

出典元:Yahoo!ニュース

 
スポンサーリンク


 

 
スポンサーリンク


40代女性
毎日仕事で、助けに行きたいけど助けに行けない立場からすれば、毎回毎回しらせを始め自衛隊の方々に頭が下がります。税金や募金でしか今は被災者支援ができませんが、少しでも早くまずライフラインがまず復旧しますように。以前お礼のノートが書けなかった元被災者より。
40代男性
ホントに頼りになるしらせ被災者支援だぜ
自衛隊は日本の誇りです
20代女性
海上を含めて、自衛隊の意義を教えてくれています。災害の時に助けてくれるから!
国会議員がおにぎりをにぎってくれるのか⁈
30代男性
日本は島国であること、海上輸送しらせは災害に強いことを再認識すべき。空路と鉄路は壊滅的であったが、北海道と本州各地を結ぶ大型フェリーの運行に支障はなく、貨客輸送に孤軍奮闘していた。交通に知識がある人は急遽海路へ変更して脱出していた。

30代女性
広島の災害の時もそうだったけど、やはり「しらせ」などの船による支援も非常に大事だなと感じる。
災害時のために大きな船を用意して備えることには様々な議論があるけど、スタッフは別としても医療器材も備えた船舶の導入にいても考える方が良いのかもしれない。
政府専用の航空機の目的の一つでもある、海外での在留邦人緊急移送と同じように、国内での災害時における緊急支援や孤立化した場合の緊急移送等を目的として、維持費や採算の面で問題が大きくなるなら、平時は貨物船として使えるようにするとかアイデアを出せないかな。
50代男性
しらせは豊洲に停泊しているのを見たが、すごい大きいんだよなぁ。
横に巨大な豪華客船が居たがそれと同等だったな。
もっと小さいものだと思っていたわ。
20代女性
今回は港湾施設の被害が少なかったこともあって、しらせや船舶による被災者支援が迅速に行えたのは幸いですね。
大型船ならば真水や電力の供給も可能ですから。
60代男性
自分の命を削り 普段自分達を罵倒する者共まで別け隔てなく国民全ての被災者支援で命を護る。兵隊さんは国の誉れよ。

 
スポンサーリンク