高田純次 名言「20万でナッシング」の文春動画!ポルシェカイエンで当て逃げ事故

 

高田純次さんの名言がまた生まれた!

週刊文春が「20万円でナッシング」の動画を5月16日に報道した。

首都高でポルシェカイエンに乗っていた高田純次さんが当て逃げして天現寺で被害者の男性に示談した時に生まれた名言がナッシングだった!

しかしながら高田純次さんは当て逃げを「ナッシング」にしたかったのですが週刊文春砲を食らってしまってなにもかもナッシングになってしまうのか検証していきます。

 

スポンサーリンク

高田純次 名言「ナッシング」の文春動画!

スポンサーリンク


高田純次さんが4月14日の夕方6時ごろに首都高で一般車にぶつかって事故したにも関わらずに並走した時に相手のドライバーが女性だと思ってそのまま逃走したようです。

しかしぶつけられた被害者は男性で高田純次さんの愛車ポルシェカイエンを追いかけて停止するように促したのですが15分間も高田純次さんは停止しなかったとの事。

ようやく停止した場所が2号目黒線の天現寺出口でそこで高田純次さんと被害者の男性の話し合いが始まりました。

その事故後の話し合いの中で生まれた名言が「ナッシング」であります。

高田純次さん的には事故や当て逃げを警察通報して欲しくなかったようです。

よって20万円という金額を出して許して欲しいという意味で名言の「20万円でナッシング」という言葉を発したようです。

その録音された音声データが週刊文春から報道されました。

 

ナッシングに関するネットの反応

スポンサーリンク


スポンサーリンク