竹本萌瑛子 素顔の画像×3枚がヤバい!

 

竹本萌瑛子さんの素顔が話題になっていますね。

現在22歳で熊本県出身の竹本萌瑛子さんは日本大学に通う4年生です。

竹本萌瑛子さんに何が起こっているのか素顔に迫って調査していきます。

スポンサーリンク

竹本萌瑛子の素顔とは?

ツイッターで拡散されました。左には、女性が野球のユニホームを着て投球動作に入る姿、右には東京・表参道での撮影風景。その〝ギャップ〟からか、リツイート数は2万超、いいねは18万を超えています。その正体は都内の女子大生。実際に会って、話を聞くと「自分がやりたいことを貫く」大切さに、気付かされました。

 女性は、熊本市出身の竹本萌瑛子さん(22)。日本大学に通う4年生です。

 家には野球漫画「H2」(あだち充、小学館)があり、父親とはキャッチボールで遊ぶことも。学校の休み時間には、男子に交じってドッジボール。姉をはじめ、家族に野球経験者はいませんでしたが、「投げるって面白い!野球をやってみたい!」と入部を決意しました。

 小学校ではピッチャー、中学校ではピッチャーとファーストを務めました。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000001-withnews-sci

 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

竹本萌瑛子の評判

40代女性
大学デビューとかじゃなくて、昔から素材は良かったって証明ですね。
上辺だけSNSで「やってみた」のと違って真剣に「やっていた」って方が共感されるのは当然なのかも。
40代男性
野球姿、素顔が可愛すぎる。表参道なら、可愛い子の中の一人になっちゃうから、逆に勿体ない気が。

20代女性
ユニフォーム姿の時点で十分かわいいじゃん。ビフォアフを逆にすれば「美少女モデルがピッチャーやってみました」になるだけ。むしろ「芋」と付けたことが違和感。
30代男性
幼い頃から野球が大好きで、ずっと続けてきた情熱と努力が共感を呼んで、応援してくれる人が増えていったのですね。幼い野球少女が綺麗な女性に成長したというだけで、イモというのは不要。青春をかけて一生懸命頑張る姿は輝いていますね。

スポンサーリンク


30代女性
野球ユニフォーム代姿が今現在ならばギャップに驚きますが中学生でしたら22歳になった今、外見が変わって垢抜けるのは普通のことだと
思いましたが。頑張り屋さんなのはわかります。
50代男性
竹本萌瑛子さんの素顔はbeforeの時点で、すでに可愛い。
スタイルも良いし、かなりの美少女だと思う。
afterも綺麗だけど、モデルになって売れそうな感じはない。よくいる綺麗なお姉さんって感じじゃないかな。
モデル業界を目指すより、一般人としてちやほやされて生活するのが正解だと思う。

20代女性
芋野球少女ってなんですかね?
一生懸命野球に打ち込んでた竹本萌瑛子さんを芋呼ばわり…ギャップを伝えたいという記者の意図は判りますが、そこに固執して、まるでスポーツに打ち込むのが格好悪いと誤解を与える表現になっています。
いま現在、野球に汗を流す少女たちに対して、かなり失礼な表現ですね。
60代男性
野球の方の写真もあくまで撮影用のもので、結局はモデルの方に重きを置いてるようにしか見えない。
野球は単なる話題作りで利用してるだけだろう。
50代男性
熊本は九州の中でも美人は多いですよ。
竹本萌瑛子さんはいわゆる肥後もっこす。これからの活躍に期待したいですね。
10代男性
確か、平均して15歳までに人生の80%以上の紫外線を浴びる。つまり、子供時代をどう過ごしたかで成人後に肌を美しく保てるかが決まる。そういった意味では、野球少女時代は彼女にとって負の遺産になりえる。30前後の姉が2人いるけど、片方は18歳までモーグルの選手として冬は毎日スキー場で過ごしていた。雪は日光を反射するしね、肌に良くない。インドア派の姉とモーグルやっていた姉じゃ肌の状態が違いすぎる。

 
スポンサーリンク