田中俊介 一部活動休止の理由がヤバい!脱退も!?

田中俊介 一部活動休止

 

田中俊介 一部活動休止が話題になっていますね。

脱退もありえるのかメディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい田中俊介さんの一部活動休止とはどういう理由なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

田中俊介 一部活動休止の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが田中俊介さんの一部活動休止に関する記事詳細です。

名古屋発の人気エンターテインメント男性グループBOYSANDMENのメンバー田中俊介(29)が、体調不良によりグループでの活動を一部休止すると発表した。

田中は14日更新のブログで、「私、田中俊介はこの度BOYSANDMENの活動を一部休止させていただくこととなりました」と報告。理由について「昨年末より続く体調不良により、BOYSANDMEN結成当初から心がけてきた“全力でのパフォーマンス”を皆様にお届けすることが困難になってしまいました」と説明し、「自分でもこのような状況に陥ってしまったことに困惑し、とても情けなく思っています」と心境をつづった。

「こうやって弱みを見せたり、人に迷惑をかけたり、休むことが嫌いな性格なので、この決断をするまでに何度も葛藤しました」という田中。「なんとか現状のまま突っ走れないかと努力も試みましたが難しく、また全力で復帰するための第一歩として、このわがままを聞いていただけたら嬉しいです」と理解を求めた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-03140378-nksports-ent

 

今回の田中俊介さんの一部活動休止についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

スポンサーリンク

田中俊介@一部活動休止の画像や動画

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

田中俊介の一部活動休止に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
”こうやって弱みを見せたり、人に迷惑をかけたり、休むことが嫌いな性格”
内に溜め込みやすい性格なのかな…だとしたら今回の決断は、本当に勇気が必要だったと思う。しっかり休んでまた活躍の場を見出だせます様に。

 
 
ボイメンという存在が大きくなればなるほど、葛藤したと思います。活動休止を決める決断も大変だったと思います。ファンの方々も待っていてくれると思います。お大事にしてください。

 
 
名古屋在住なので、全く興味がない私でも、東急ハンズに行けば名前を目にするし(グッズを扱っているので)、名古屋ローカルの情報番組をつければ彼らを見掛け、がんばってるなぁと思っているうちに、気付いたら全国区になっていました。

そこに至るまでには相当の苦労があっただろうし、その中での活動休止というのは本人が一番悔しいだろうと思います。でも、やっぱり身体と心の健康が一番大事。ゆっくり休んで、また輝く姿を見せて下さい。

 
 
名古屋在住なので目に、耳にする機会がそこそこあります。
年末からって長いですね。症状が詳しく書かれていないのでつい勘繰ってしまいますが、回復してまた活動できるといいですね。

 
 
男性女性に問わずアイドルって華やかに見える反面、苦労も多く過酷なもののように感じます。体調面だけではなく精神面も削られそうなイメージ。人前では笑顔を絶やさずにいるって私にはマネ出来ません。ファンの方も全てが常識がありマナーを守れる方ばかりとは限りませんからね。とにかく今はゆっくり休養して体調を回復させて下さい。

 
 
こうやって弱みを見せたり、人に迷惑をかけたり、休むことが嫌いな性格なのでって。無理して活動続けてもそっちの方が周りが気を使うし迷惑になるかも。休む勇気も必要では?

 
 
詳しい理由は書いてないのか

最近、活動休止するアイドル多いなー
いろいろ負担なんだろう…

 
 
不祥事で活動を休止する人たちが多いので心配してしまいました。
体調不良で心苦しいところもあるかと思いますがゆっくり休んでください!

 
 
最近はちょっと見た目が良かったらそのへんの兄ちゃん姉ちゃんがヒョッコ芸能界に足突っ込むけど、元々、芸能界でやっていける資質もないのに足突っ込むから異常なストレスとか変な人格形成されてしまう。
芸能界でやっていけるのって技術もだけど精神も相当強くないとね。。。

 
 
あんなに活躍してきたのに体調不良であれば仕方ない。

残念です。お疲れ様!

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は田中俊介さんの一部活動休止について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク