田中将大 改良ナックルカーブの真相がヤバい!

スポンサーリンク

田中将大 改良ナックルカーブ

 

田中将大 改良ナックルカーブが話題になっていますね。

メディア報道や口コミ情報はどうなっているのか?

いったい田中将大投手の改良ナックルカーブとはどうい事なのか気になりますのでまとめていきます。

 

田中将大の改良ナックルカーブの真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが田中将大投手の改良ナックルカーブに関する記事詳細です。

マー君、新カーブを披露―。ヤンキースの田中将大投手(30)は3日(日本時間4日)、キャンプ地フロリダ州タンパで行われたタイガース戦でオープン戦初登板。3イニングを投げて、1安打無失点だった。

 初回、先頭打者のキャメロンに三塁打を許したが、その後、打者連続9人を凡退させる危なげない内容。従来よりも球速が7マイル(約11キロ)前後速い、通称ナックルカーブを要所に織り交ぜ、球数40球を投げて降板。2奪三振。無四球と上々の内容だった。

 フロリダの晴天の下、メジャー6年目に好発進した田中が、新しい武器を搭載していた。新球・高速カーブだ。2月26日のフィリーズ戦が雨天中止となり仕切り直しとなったオープン戦初登板で、いきなり試運転の機会が訪れた。

 初回。先頭のキャメロンに三塁打を許した後、連続空振り三振で2死三塁としてから、ヒックスを外角高めのカーブで中飛に抑えた。球場表示は81マイル。去年まで75マイル前後だった田中のカーブが劇的に進化していた。

 「変えたから。スピードが上がっていて普通。そういう風に投げているので」と、ヒントを与えた後で、「ナックルカーブです」とニヤリ。ボールの縫い目に掛けて弾くため、回転が掛かり、スピードを保ったまま変化する高速カーブだったことを認め、「(カーブは)いろいろな使い方がありますよね。カウント球でも決め球でも。球速帯として一番遅い球の精度が上がれば」と、意図を明かした。

 3者連続内野ゴロとなった2回、ロドリゲスを三ゴロに仕留めたのも、82マイルの新カーブ。この日、カーブは最速82マイルから最遅76マイルまでの幅があった。1月に殿堂入りが決まった元ヤンキースのマイク・ムシーナが元祖とも呼ばれるナックルカーブ。打者のフライボール革命がブームになった大リーグでは、ドジャースのカーショーらカーブの名手が、活躍する傾向もある。この日は打者10人中7人に対してカーブから入るなど積極的にテストする意欲がみえた。

 「3イニング通してカーブでストライクが取れていた。色々と試しながら、結果も出たことはよかった。最初の滑り出しとしては良かった」と田中。手応え一杯のオープン戦初登板となった。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000041-sph-base

今回の田中将大さんの改良ナックルカーブについてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

田中将大改良ナックルカーブに関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
ながく現役を続ける為にも必要な球種なのだといつか話していたのを思い出した。海外に出てすぐだったと思う。そういう感性を持ち合わせているのも彼の優れた所だと思う。頑張って欲しい。タイトルを狙える実力もあると思う。

 
 
メジャー6年目で新しい球種を覚えるとは感服しますね
現状に満足しない姿勢は学ぶべきところが、大きいです。 今年も活躍することを期待して応援したいと思います。

 
 
習得できれば大きな武器になるでしょうね。
あとは爪を立てて投げるから、もちろんすでにされてるでしょうが、
爪の強化が大切になりますね。
次の契約が楽しみです。
7年契約ですが、今季は6年目なので、もしかしたらオフに大型再契約があるかも。

 
 
マー君は毎年オフも日本で充実させつつ、ちゃんとシーズンも安定して結果を残すからさすが。
今年も楽しみにしてます!

 
 
野球やってる人なら分かるが、いきなり遅いボールが来ると軌道が違うので非常に打ちづらい。

打者はタイミングを外れて目線が上になり、身体が上に伸びてしまうか頭が動くこともあり、
遅いボールを狙わないとなかなか打てない。

しかも肘の負担はあまりかからない。

精度上げたらかなり有効なボール。
モノにして欲しいです。

 
 
メジャー一年目の前半は驚く程点取られなかったのを思い出す…2年目からは研究されたのか故障のせいか最初の凄さはなくなったけど、大きな故障なく結果が残せてるのは凄いと思う
ナックルカーブの体への負担は知らないけど、上手くものにしてまた無双して欲しいと思う。。

 
 
マー君はなんやかんやで、安定した数字は残してるけど、個人的には、もうワンランク上の結果をみたいのがある、今年はチーム共々優勝してほしいね

 
 
ピッチャーの球種が一つ増えたらバッターはかなり困惑する。しかも精度が高いと尚更。マー君は進化し続けるね、今シーズンも楽しみだ。

 
 
以前マーくんと同年代の88年会を番組でやっていて、マエケンと吉川光夫がマーくんにカーブの投げ方を伝授していたのを思い出した。
それはあくまできっかけの一つかもしれないけど、勝つために新しい戦い方をどんどん取り入れていく姿勢を見ていると一層応援したくなる。
五十嵐亮太もアメリカでナックルカーブを習得して投手としてレベルアップしたし、さらなる活躍が楽しみだ。

 
 
変化球はスプリット頼みな感じがここ数年はあったから新変化球で投球の幅が広がるのは良いと思う。

スポンサーリンク


 
 
完璧に抑えてもシーズンはトータルで安定してるだろうし、ボコスカに打たれてもシーズンはトータルで安定させるだろうから、彼については結果はなんだっていい。
やりたい事試したい事確認したい事が出来たらいいと思うよ。

 
 
直球のスピードがすごく速いわけではないので、少し甘くなると打たれるし、狙いすぎるとカウントを悪くして球数も増えてしまう。打者のうち気をそらしながらカウントを取れる遅い球があれば、15勝以上も期待できる。そう簡単に思い通りにはならないとは思うけど…

 
 
これだけ実績を残しても進化させていくのは凄いですね。他の選手もそうなんでしょうがね。高額年俸や沢山のファンのため、それよりも自分自身や家族のための進化素晴らしいです。いつも応援してます。ぜひWS制覇して下さい。

 
 
ナックルカーブが公式戦でも使える手応えを得たなら、良かった。やはりメジャーで長く活躍するためには、新しい球種を覚えるのがとても有効だと思う。
相手チームの打者たちも、こっちを研究してくるのでこっちも進化していかなければならない。

 
 
田中の研究心、精度を上げる技術、不屈の精神力。楽天投手陣は真似出来ないのかねえ。特に則本あたりは1番出来てなきゃいけないはず。せっかくキャンプでも一緒に過ごす時間あるんだから学習して貰いたいもの。

 
 
才能と向上心が伴ってこそコンスタントに結果を出すことができる、とても良い見本であると思います。
かつて甲子園決勝で敗けた相手には、向上心だけでは通用しないことを自覚して、潔くプロの世界を退いてほしい。
非情かもしれませんが、結果を出せるプレイヤーの活躍を、プロ野球ファンは求めています。

 
 
マー君はメジャーに移籍してからずっと二桁勝利は上げてるけど、良い年と悪い年の差が激しい印象。

それに、18勝以上とか防御率1点台~2点台前半と、抜群の成績を残した年もないから、今年こそはサイヤング賞を取るくらいの抜群の成績を残して欲しい。

菅野がもしメジャーに行ったら、マー君くらいは活躍できるのかな?

 
 
球種を1つ増やすことがどれだけ大変なことかはプロ野球で活躍された方々は口々にその大変さを語られますので、マー君も相当な努力をされたことと思います。
打者も狙い球を絞りにくくなりますし、ストレート、カッター、スプリット、スライダー、ツーシーム、カーブとあれば様々な対戦相手に対応できますね。
2019シーズンのマー君はさらに楽しみです。

 
 
毎年毎年、確実にチームに貯金を与える素晴らしい投手。だけど今年は先発3、4番手扱いらしいから、この新球を武器にメジャーでのキャリアハイの成績を残して欲しいね。大いに期待してるよ。

 
 
カーブを投げる事でのメリットは、
1.緩急をつけられる
2.肩の可動域を拡げストレートが無理なく投げられる
あたりか?
デメリットはモーション変化がはっきりわかる事と
肩の故障あたりなので、肘が問題である田中投手は
ある意味賭けに出たと思う。
結果は上々のようだけれども、怪我だけには気をつ
けてください。

スポンサーリンク


 
 
まだまだ進化させる努力はプロだから当たり前といえば、それまでだけど。元々潜在能力は秀逸してる投手。昨年は大谷選手ばかりが話題になりましたが、田中選手もすごいと思います。

 
 
このレベルで新球に挑戦することもすごいし、それを仕上げて試合で出せることもさすがだと思います。
尚更、それで打ち取るとは…
恐れ入ります。
頑張ってください!!

 
 
ナックルカーブって特殊だから難しいと思うんだけど、器用だね。
よくあんなの投げれるなと感心する。
投げられれば確かに武器になると思う。

 
 
ピッチャーが長くやっていくには、1つの武器を磨きに磨きをかけるか、新しい球を増やしていくことが必要でしょう。
怪我無く長く活躍してください!

 
 
メジャー6年目で新しい球種を覚えるとは感服します。

習得できれば大きな武器になるでしょうね。

今年も楽しみにしています!

 
 
年齢とメジャー年数から
長く通用するために
進化し続ける姿勢は素晴らしい
今年は自己新目指して頑張ってほしい

 
 
この向上心こそが田中将大の最大の武器であると思うし、今季はキャリアハイの成績に期待したい。

 
 
開幕投手になるけどいつも結果を残せていない印象が強い。
今年は頑張ってほしいです。

 
 
マー君は派手ではないが地味でもない知らない内に6年目に突入した
それなりの実績を残し凄いね怪我が無いのが良い

 
 
年齢的にも、球威だけで押すピッチングは通用しにくい、こういう緩い球を効果的に活用すれば、去年より勝てるかも。

 

おわりに

今回は田中将大投手の改良ナックルカーブについて調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク