田中将大 脳外科医ボクサーが衝撃的!ヤンキースのマー君とコラボ?!

 

コミッションドクターを務めていた田中将大(たなかまさひろ)氏の脳外科医ボクサーが話題になっていますね!

いったい脳外科医ボクサーとはどういう事なのでしょうか?

気になりますので田中将大氏の脳外科医ボクサーについて詳細を読み解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

田中将大氏の脳外科医ボクサーの真相は?

スポンサードリンク


 
 

今回の報道内容はこちらです。

日本ボクシングコミッション(JBC)のコミッションドクターを務めていた脳外科医の田中将大(29)=川崎新田=が、瀬下雄介(27)=協栄=とのミニマム級4回戦を行い、1回25秒TKO勝利を収めた。
聖マリアンナ医科大を卒業後、脳外科医となった。卒業後は沖縄、神奈川、福島の病院を経て、2015年に上司のすすめでJBCのコミッションドクターに就いた。前日計量や試合などでボクサーと触れ合っていくうちに「選手たちの気持ちを分かるようになれば…」という思いが芽生え始め、ボクサーライセンスを取得することを決意。当時の勤務していた神奈川県川崎市の病院に近い、川崎新田ジムに入門した。17年にプロテストに合格。JBCのドクターとしての立場もあり、実際にデビューするかは悩んだというが、思い切ってデビューすることを決意。前例のないコミッションドクターからのプロボクサー転身となった。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000143-sph-fight

20代女性
田中将大さん学問とスポーツを両立させてるのは凄く尊敬できる。
30代女性
もう一人のマー君は脳外科医ボクサーとか凄いですね、応援したいと思う。
40代男性
プロボクサーになる動機もすごいけど、それでプロになれて勝っちゃうからすごい。

 

スポンサーリンク

田中将大氏の脳外科医ボクサーについて

スポンサードリンク


 
 
奇襲攻撃がハマったにせよ
上々のデビュー戦。
仮に新人王戦にエントリーすれば
アマチュア経験のある試合慣れした
選手が対戦相手になるだろうし
厳しい戦いが続くだろうが
最軽量のミニマム級で162センチは
身長に恵まれた方だし
行けるところまで、行ってもらいたい。

 
 
田中将大氏すごすぎる!脳外科が脳にダメージを!与える。芸術的ですらあるかもしれない。

 
 
良く勝った!良かった!日刊スポーツの記事でそういう人がいると知ったのだけど、同姓同名なのに一切触れていなくて逆に何故だろうと思った。

 
 
脳外科医に触れたらいいのか、田中将大に触れたらいいのかわからん笑
とにかく、おめでとうございます^_^!!

 
 
田中将大氏、名前からして、ただ者ではない気がしますね(^_^)

 
 
脳外科医ボクサーいつか、バラエティー番組で、ヤンキースのマー君とコラボ出演して欲しいです。

 
 
これは驚き。日本も面白い時代になってきたなぁ。

 

スポンサードリンク


 
 
田中将大氏これは凄い。名前もすごい。

 
 
脳外科医ボクサーマー君凄すぎる。

 
 
田中将大先生、パンチドランカーにならず医師の将来を大切にしてほしい。

 
 
どこから突っ込んだら良いのやら。。。医者でボクサーでマー君ですか。。。

 
 
田中将大氏!同姓同名とはすごい。二人の対談みてみたい。

 
 
職種といい、名前といい、ボクサーを始めた理由といい、興味を惹かれる方ですね。
無理をなさらない程度で今後の活躍を期待しております。

 
 
NYYで活躍中の有名投手と同姓同名とは。脳外科医ボクサーという情報もあって、色々と凄い。

 
 
田中将大選手は素晴らしい。人生一度きり。無理せずに頑張ってほしいです。

 
 
面白い人出てきたね。。知識蓄えられる人は自分を客観的に見られるし、階級も良いし、ひょっとしたらひょっとする。。。

 
 
努力する力、結果を出す力、2つとも知ってるし持ってるのは凄い

 

スポンサードリンク