天空のリチウム 争奪戦とは?分かりやすく解説!

 

天空のリチウムの争奪戦が話題となっていますね!

いったい何を争奪して戦っているのか分かりやすく解説をみていきましょう!

天空のリチウムの争奪戦で日本がヤバい結果になっている事が判明した。

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

天空のリチウム争奪戦とは?

南米アルゼンチンとチリ、ボリビアの国境地帯は「リチウム・トライアングル」と呼ばれ、急速にリチウム生産に伴う開発が進んでいる。チリや米国、豪州、日本が開発の主なプレーヤーだったが、いまリチウムを買いあさっているのは中国だ。

リチウムはレアメタル(希少金属)のひとつで、通常の鉱物のように鉱山から掘り出す方法もあるが、ここでは大阪市ほどの大きさの塩湖からリチウムを豊富に含む地下水をくみ上げ、段々畑のように連なる18個の人工湖で、約1年間、天日干しにする。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000011-mai-bus_all

 

スポンサーリンク

天空のリチウム ネットの口コミ

20代女性
リチウムに代わってアルミニウムの研究開発が進んでいますから、もっと安価な電池ができる日も遠くはないでしょう。
40代男性

60代女性
中国は全ての国内自動車メーカーが中国国内限定でEV車のみを走らせればPM2.5など大気汚染やCO2も大幅に減って地球環境がよくなるならいいんじゃないかな。
それでも大気汚染温室効果ガス排出量が減らないのなら天文学的なペナルティを与えてやればいいのさ。
「天に順う者は存し天に逆らう者は亡ぶ。」
孟子の言葉です。
50代男性
まずは中国人どうにかしないとな。
資源が奴等に食い尽くされる、破滅するぞ。1000年後。

 

スポンサーリンク


 

60代男性
昔はバッテリーにリチウムとか使ってたらしいよ
ていう笑い話になると思うな多分
30代男性
世界制覇を目指す中国は、資源などの争奪戦となると必ずめざとく、シャシャリ出て来て独占しょうとする。正に品のない成金がやること。
がしかし、扱い方次第で儲けさせてくれるいい客だ。
消費者を飽きさせないよう、日々、売れるトレンドを開発しなくちゃね。
20代女性
こうしてまた美しい自然が人間どもによって食い荒らされ荒廃した土地が残るのであった
「わが谷は緑なりき」の時代から人間は何も進歩してきていない
30代女性
今では世界のレアアース産業は中国が中心となっている。
日本も大半を中国から購入している。
日本は再利用や代替資源を作り出せる技術をもってはいるが、
どうしても作れないものはある。
レアアースを確保することは重要。
40代男性
リチウム電池で火災が起きると知ってから
充電しっぱなしで外出出来んわまだ乾電池の方が安心だ
40代女性
36歳で駐在して資源開発してるなんて、そんな仕事もやりがいがありそうだね。
ここでも中国が出張ってるようだけど、日本の企業にも頑張って欲しい。
20代女性
こうしてまた美しい自然が人間どもによって食い荒らされ荒廃した土地が残るのであった
「わが谷は緑なりき」の時代から人間は何も進歩してきていない

 
スポンサーリンク


 

コメント