千葉大学 全員留学の真相がヤバい!

 

千葉大学の全員留学が話題になっていますね。

国際社会で活躍するグローバル人材の育成を強化する為のようです。

気になりますので早速みていきましょう。

スポンサーリンク

千葉大学で全員留学の真相は?

スポンサーリンク


国際社会で活躍するグローバル人材の育成を強化しようと、千葉大学が24日、新たな取り組みの目玉として国立の総合大学としては初となる学生の“全員留学”を打ち出しました。

 千葉大学西千葉キャンパスで行われた記者会見で、千葉大学の徳久剛史学長はグローバル人材の育成強化に向けた取り組みの概要を発表しました。それによりますと、千葉大学は2020年度から学生と大学院生に対してそれぞれ卒業・修了するまでに1回は海外留学させる“全員留学”の制度を導入するとしています。国立の総合大学としては初となります。

 また、この制度では留学の期間を最長で2か月間としていて、大学独自の給付型の奨学金も用意しているということです。千葉大学は2016年度に設置した国際教養学部を中心に、大学独自の留学プログラムを展開しています。こうした取り組みを全ての学生に拡大することで、グローバル人材の育成強化を図る狙いがあるということです。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00010006-chibatelev-l12

費用や期間を考えると賛否両論あるでしょうが、個人的には費用面で様々な支援や方法が提示されるなら賛成です。

やはりグローバル社会に対応するには相手を知り、見聞を広げなければ始まりません。
そして「あの2ヶ月があったから」と言う日が必ず来ますし、英語学習へのモチベーションが断然違いますし、若く柔軟な時期にこそ目に見えない壁を取り去るべきです。

社会に出たら真っ先に英語力が問われます。
今は理系すらTOEIC800かそこに準ずるレベルを要求されます。
理系夫の場合、社内会議が英語であったり、インターネットを駆使した数カ国国際会議も日常的に割と頻繁。出張先では現地の技術者とテクニカルターム中心の会話力でギリギリ切り抜けてはいるようですが、折衝するには不十分だそうです。

これからの時代を生きる若者にこそ、グローバルに渡り合える力が必要で、その道具を身につけるには学生時代が最適ではないかと。

 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

千葉大学の全員留学に対するネットの口コミ

 
 
留学が学費に含まれているなら大歓迎!でも自費だったら必須にする必要はないと思います。
また、最長2か月とありますが、その程度の留学で果たしてどの程度学習効果があるのかは疑問です。期間的に語学学習が目的だと思いますが、短期的な語学研修は、私の学生時代も2か月くらい行く人は多くいましたけど(私も行きましたし)正直、継続的に英語を使い続ける環境にいるかどうかの方が語学力には影響が大きいし、2か月程度じゃ将来的に役立つかというと疑問です。
すごく安易な方針だと感じます。TOEICスコアを全員●●以上にするとか、レポートを英語提出必須にするとかの方が語学力は上がりそう。
それくらいなら、語学とか関係なくいっそ英語圏ではない地に放り込んでみるのはアリですよね。異国の文化をめいいっぱい体験させてくる。職業選択や人生観にも影響がありそうだし、そっちの方が面白いと思います!

 
 
留学先の確保や渡航方法、現地での出欠管理など問題が多い。今後教職員の雑用がものすごく増えそう。

 
 
たった2ヶ月で育成できるなら苦労しませんけどね。

 
 
素晴らしい!
これからのすべての卒業生の評価が上がることでしょう

 
 
最長で2か月間で何するの?

 
 
全額補助してくれんならええね。。
自腹だときつくね

 
 
こういう大学独自の育成方針は、今後の少子化でますます加速していきますね。是非有効な施策を各大学ともお願いしたい

 
 
やけくそだな。でも成功すると思う。こういうのはおもしろい。全員っていうのは片方がいって片方がいってないなかで、話を進めなくていいから、正にこれじゃね?未来の日本に必要なのは。

スポンサーリンク


 
 
成田空港がありますからね
海外留学したくない人は
受験しないで欲しいという事でしょう
国際的に頑張って欲しいです

 
 
秋田県立の国際教養大学をベンチマークしたのだろうか

そのうち、全授業を英語で行う可能性もありますね

 
 
飛行機乗れないんですけど・・・

っていう学生も強制?

 
 
こういうのはまず受け入れ先の提携大学と寮などをいくつか用意して、具体的にどういう可能性や資金が必要なのかを示せるようになってから提示する方がいいと思う。
たった二ヶ月では語学研修くらいの事しか出来ないし、費用も返って中途半端にかかりそう。留学というからには年単位が一般的では。

それにしても国立で全学部で海外渡航と滞在費用の心配って、なんだかなぁ。

 
 
期間は中身次第で十分とも不十分とも言える
ひとりで留学するなら二ヶ月でも語学力はそれなりに上がるだろうが
千葉大から数人、十数人が同じ所に留学するなら
多分語学力はひとり時より上がらないだろう
学部の違う二人が行ってというのでも
一人で行くより成長は少ないだろうと思う

まぁ、そんなことも検討しているんだろうけど
実質を求める前に実績を作りたいということかな?

 
 
それを留学と呼ぶのか微妙ですが、千葉大に行くならば、留学費用の捻出も必要ですね。
海外に出て経験するのは短期でも視野が違って来ると思いますので、色んな国に行けると良いと思います。

 
 
留学ではありませんが、台湾に3ヶ月間海外赴任した経験があります。仕事中はずっと単語帳を握りしめ夜は8時から1時まで飲み屋で実戦練習してたら日常会話は問題ないレベルになりました。猛烈にがんばればゼロからでもかなり有効だと思います。

スポンサーリンク


 
 
否定的な意見が多いけど、国際化を謳っていても何もやらない大学と比べると、とてもいい取り組みだと思う。たとえ2ヶ月だけでも、行かないよりはよくないですか?それにともなって、語学や周辺のトレーニングもする機会にもなるでしょう。
もちろん収入の少ない学生へのサポートは必須だけど。

 
 
2028年には、1に中国語、2にスペイン語、3に英語と言われている。
2ヵ月と言っても、その間徹底して日本人と行動を共にしなければ、ある程度は聞き取れるくらいにはなると思う。
その経験がまずは大事であって、すごく良い事だと私は思う。

 
 
国公立は授業料が少なくて済むのが大きなメリットなのに、必修になったら、上がってしまう。必修よりも、留学を目指す、前向きな生徒に対しての留学しやすい環境を。
義務化は生徒の学生時代の思い出つくる期間になったら意味がない

 
 
画期的な取り組みで良いですね。

ただ、2ヶ月は短か過ぎるので、希望者には1年間は留学させた方が良い。言語にしろ異国の地に馴染むのにしろ、少なくとも半年くらいはかかる印象。

ともあれ、是非海外に飛び出し、「どれだけ日本がガラパゴスだったか」を痛感して、帰国後、日本に何かしら貢献してくれると良いですね。

 
 
個人的に思うのは短期留学なんて意味が無い。
だだの下見とか形骸的な研修みたいだ。

 
 
知る人ぞ知る、千葉大は国立大学の中で志願者が一番多い。人口の割には関東圏に国立の総合大学が少ないからだろう。しかし、どうも千葉大は影が薄い。もう少し知名度を上げるために、この試みは是非はともかく面白いね。

 
 
希望者のみで、必修の必要は無い。奨学金制度で進学したら、いつまでも返済が終わらなくなり、結婚すら出来なくなる。大学側はそういった社会事情も考慮出来ないのかな?

 
 
最短2ヶ月って思ったら最長2ヶ月って短すぎやないかい?
安全面とかもあるかもしれないが
それと意識的に行動しない限り結局同じ時期にいった日本人とつるんだりしてちょっとした観光程度になるんじゃないかな?

 
 
飛び級を始めたのも千葉大だった
うまく機能せず 不幸なケースも見られたが 制度の利点を存分に活かして成果を収めている人材もいる

 
 
留学先では寮もすんなり確保され苦労することなく安心して生活できる。レギュラーの講義には入りづらく、大体は、留学生用の講義が多い。千葉大側の狙いがとてもわかりづらい。海外の大学にほんのちょっと行くだけでいいのか?そこでまさか外国人向けの語学教室とかに参加するんじゃないよね?どうせなら一年は行かないと意味ない。

 
 
いくら成田が近いとはいえこれは学生によっては苦痛だろう
行かない選択肢もあった方がいいのでは?

 
 
問題は費用だよね。奨学金のようなものはあるのか。

 
 
海外に行って日本人の英会話能力の低さを感じるにはいい経験だと思う。次へのステップの為のプチ留学。

 
 
留学中の事件、事故などどうするの必修科目にするなら学校の責任を問われることになるのでは??

 
スポンサーリンク