千鳥 モテモテの理由は?大悟とノブのヤバい事実が発覚!?

 

千鳥のモテモテ理由が注目されていますね。

テレビ局からのオファーがすごくて年末年始のテレビ番組出演は20本だったようです。

千鳥の大悟とノブさんのモテモテで人気の理由はトーク力やアドリブが強いからなのか紐解いてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

千鳥がモテモテの理由は?

スポンサーリンク


お笑いコンビの千鳥さんの最近のテレビに出演する回数がグッと上がってきていますね!

CMにも多数出演していて岡山弁のクセのあるイントネーションで惹きつけられます。

千鳥の簡単なWIKIプロフィールを見てみましょう

メンバー:大悟とノブ
結成年:2000年7月
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期:2000年 –
出身:事務所のオーディション
影響:ダウンタウン
出会い:岡山県立笠岡商業高等学校

いったい千鳥の2人がモテモテの理由は何なのか調査してみると下記であると言われています。

あくまでもテレビ局や製作スタッフ側からのモテモテって事で視聴者からはモテているのかわかりません(笑)

千鳥の2人ともフリートークができてアドリブ力も聞くから番組スタッフとしても任せれば面白い番組が作られるって事が大きいようです。

そう考えると最近のテレビのバラエティーは特にトークができる芸人の出演回数が多くなっています。

ロンドンブーツで言えば淳さんの方がトークはできるし、ハライチに関しては澤部佑さんの方がトークができるので番組制作側も使いたいって思うのでしょうね!

そう考えると千鳥の2人は両方そこそこトークやアドリブに強い事でテレビ局からモテモテであったのです。

また仲の良いコンビだしツッコまれてもイジられても面白さを発揮する事が判明してからさらにモテモテ度合いがあがったようです。

 

スポンサーリンク

千鳥のモテモテ理由の報道の詳細

スポンサーリンク


今回の報道の詳細はこちらです。

年末年始「千鳥」が出演した番組はなんと20本! テレビ局からモテモテの理由

「局を選ばずに出まくりです。2人ともフリートークができますし、アドリブ力もあるから、スタッフも安心して任せられます。ツッコまれてもイジられても面白さを発揮しますから、どの番組も呼びたくなるのは当然です。仲のいいコンビですから、ロケものでもコンビとしてボケとツッコミで笑いを取れるので、台本以上の出来高が期待できるのです」(同・民放プロデューサー)

 コンビとしては、どちらの評価が高いのだろうか。

「やはりノブの笑いのスキル、ツッコミとしてのポテンシャルは高いと思います。『クセがすごい! とにかくクセが凄い! クセが凄いんじゃあ~~!』『~じゃろ』といった“決め台詞”や“キャッチフレーズ”を持っているのが強みですね。

headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190108-00554753-shincho-ent&p=1

 

スポンサーリンク

千鳥モテモテ理由にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

スポンサーリンク


40代女性
ロケ物で大悟がいきなり、かつ綺麗に海に飛び込むので、毎回感心してみてます。
40代男性
いろはに千鳥での素人さんとの絡みも面白いからね。
企業の製品を紹介されるだけで面白くできるなんて、台本以外の事に対応する能力が2人とも高いのだと思う。

20代女性
サンドウィッチマンもそうだけど今旬芸人でしょう
ここから定番になるには全国ネットのレギュラー番組も欲しいでしょう
でもまだまだ安定してるとは言い難い
30代男性
ネタはあまり面白くないが、ロケ番組とかはおもしろいと思う

スポンサーリンク


30代女性
西のダウンタウン、東のウンナンから西の千鳥、東のサンドの時代になるかね
50代男性
大吾の荒れ狂う勢いのボケにノブの疲れてくたびれたようなツッコミがなんとも毎回ハマる
全然飽きない
20代女性
アメトークの帰ろか千鳥が終わってから、のぶの躍進が凄い!
東京に萎縮してたんかなってほど。
昔と今とでツッコミの数が段違い。

60代男性
ノブの柔らかくて言葉選びが秀逸な突っ込みのお陰です。
大悟の「きさーまは?」「チュチュッピドゥー」…とかのボケって小学生レベルやん。
50代男性
70代の母が千鳥にハマっている。
特に大吾の見た目と声のギャップが好きらしい…
私にはよくわからないけど笑
でも千鳥が出ている番組は私もよく見るようになった。
10代男性
岡山の星頑張れ️

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

千鳥のモテモテの理由は2人のトーク力やキャラクターにあったようです。

テレビ局からモテモテで年末年始は20本のテレビ出演などを行い多忙だったようです。

ただ飽きられると一気に人気も下降線をたどるので今年2019年が正念場でしょう。

今後も千鳥の活躍を期待しています。

 
スポンサーリンク