チキータ打法 解説の真相が衝撃的!【動画あり】

 

卓球のチキータ打法の解説が話題になっていますね。

スポンサーリンク

チキータ打法の解説とは?

12月16日、張本智和が若干15歳にしてグランドファイナル(韓国・仁川)で優勝した。張本の得意技はバックハンド全般だが、中でも世界で1、2を争う威力と精度を誇るのが「チキータ」と言われる打法だ。
 今回の決勝の林高遠(中国)戦でも、勝負どころで連発し、最後は2本連続のチキータで鮮やかなノータッチを取って史上最年少の優勝を決めた。
チキータは、ここ数年テレビで取り上げられることが多くなり、一般的にも知られるようになっている。軌道が曲がるためにバナナのブランドから命名されたというトリビアが添えられることもある。

headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00010000-worldtt-spo

スポンサードリンク


 

チキータ打法の口コミ情報

40代女性
張本選手のバックやチキータ打法は世界トップレベルの技術であり、この技術を駆使して戦える限り、簡単には負けないと思います。フォアーの課題も克服しつつあり、頭の良い選手なのであらゆるタイプの選手に対応しながら自分の卓球ができる数少ない選手でもあります。これからの一年で、更に技術の精度を高めて、安定した成績を残して、世界ランキングでは1位を目指して欲しいと思います。更なる活躍を期待し、応援します。

40代男性
張本選手の凄さと現代卓球でのチキータの捉えられ方は後半で語られている通りのようですが、こういう話を映像を見ながら解説してくれるTV解説者がいてくれるとありがたいですね。
NHKの水谷番組での誤解など、放送に携わっている人がチキータの本質と、張本選手の凄さを真に分かっているのかというのも疑わしいとなると、せっかく素晴らしい活躍をしているのに十全に我々に伝えてもらってないのかなぁと、悲しい気分になります。
だからこそこうやって解説してくれる記事はありがたい。

 

 

20代女性
解説読んでもチキータ打法難しい
(4時までひくとか、肘や手首を痛めそう)
でも最後の一言がまさにそのとおり!分からなくても面白いし、理解できるようになったらもっと面白いに違いない。テレビで見てて、全然飽きずに楽しめる競技だと思う。

30代男性
すみずみ詳細まで理解したわけではないのだが、
大筋として大変わかりやすい上におもしろい
解説だと思う。ありがとうございます。

スポンサードリンク


30代女性
卓球をやっている大学生から聞いたことがあるのですが、張本選手のチキータは正直「ありえない」くらいの凄さがあるようです。
このまま成長していけたら中国卓球を凌駕出来そうですね。
50代男性
技術の事は良く解らんが 
昨夜の最後二本のリターンエースは見事だった 素人でも素晴らしいと思った!
ファイナル優勝おめでとう 
来年は更なる飛躍に期待してます
20代女性
チキータ打法すごいね、面白い解説記事だった。
見方が変わるかな、速過ぎて見ても分からないかも知れない。

 

 

60代男性
張本選手の強みは、チキータよりも、ストップ技術が抜群に勝れていることです。ストップの下回転量は凄く、チキータの得点より下回転の回転量の落差と考えます。チキータが入ったとしても、コースが判れば強打されますし、チキータの早いボール、ナックル系、横回転強めなど、織りまぜてこそチキータの効果が上がります。つまり、卓球は判りづらく豊富な回転を混ぜることが大切。その中でストップ技術の回転落差と台上で止めるのは、相手の攻撃を仕掛けさせない最も難しい技術です。早いチキータだけならば、コースが判ればカウンター攻撃ができます。

50代男性
昔は”はらい”って呼ばれていた。(古・・)
もちろん当時のはらいは基本台上の軽めのドライブなので、
それから比べれば、それを狙う球質、高さが、全く違うので、
はらいの進化系でもないこともよくわかる
サーブに対する絶大なカウンタで先手が取れるのと同時に、
一発で勝負を決めるもろ刃の剣でもあるため。
是非、この感覚のまま、頑張ってほしいです。
10代男性
解説難しいが、張本選手の凄さの秘密がチキータ打法にあるということか
張本選手は、観ていて、ワクワクする
情熱と冷静を併せ持つ、15才
東京五輪、応援に行きたいな

スポンサードリンク