宇野常寛 不快感の真相が衝撃的!キングコング梶原に激怒!

評論家の宇野常寛(うのつねひろ)さんの不快感が話題になっていますね!

いったいキングコングの梶原雄太さんに不快感とはどういう事なのでしょうか?

気になりますので宇野常寛さんの不快感について詳細を読み解いていきましょう。

【関連】→ 宇野昌磨 タキシード姿の画像×2枚、動画×1本はこちら

宇野常寛さんの不快感の真相は?

スポンサードリンク


今回の報道内容はこちらです。

評論家の宇野常寛氏(40)が、「カジサック」名義でユーチューバーとしても活動するお笑いコンビ、キングコングの梶原雄太(38)からイベントで「失礼な絡み」をされたとし、怒りをあらわにした。
宇野氏は3日更新のツイッターで、「昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った」と出来事を報告。梶原はその場で「みんなが面白くなるためにした」と釈明していたそうだが、「彼の『みんな』に僕らはなぜか入らないようだった。お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた」と不快感をあらわにした。

宇野常寛氏「失礼な絡み」キングコング梶原に激怒(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
評論家の宇野常寛氏(40)が、「カジサック」名義でユーチューバーとしても活動するお - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)
20代女性
梶原さんはテレビで見ててもガラが悪く面白くもないから引退した方がいいと思う。
30代女性
やっと正面きって宇野常寛さん批判してくれた。
調子乗ってることはわかっていた。
引退でいいと思います。
40代男性
サンシャイン池崎氏のときもそうだが、人間性に問題があるように感じる。

【関連】→ 宇野昌磨 タキシード姿の画像×2枚、動画×1本はこちら

宇野常寛さんの不快感について

スポンサードリンク




梶原さんは自分のお笑いを批判されてもかまわないし覚悟があるみたいな考えなんだけど、嫌な思いした人は梶原さんがどうなろうとも嫌な気持ちは変わらないという事がわかってない。
しかもすぐに逆ギレしてYouTubeのネタにするのが余計よくない。
宇野常寛さんの不快感はごもっとも。



梶原さんもそろそろ考えたほうがいいと思うけどな
何があったかは知らんが偉そうにしてるんだろう。
池崎さんの1件からも全く変わってないことが分かった

【関連】→ 宇野昌磨 タキシード姿の画像×2枚、動画×1本はこちら



昔から知ってますけど梶原氏程面白く無いヤツは珍しいですよ。



事務所にも問題ありそうだな。
宇野常寛さん激怒ってよっぽどだわ。



宇野常寛さん何があったのかさっぱり分からん。



これだけでは両者の間でなにがあって
どっちが悪いのかは判断できないが、
梶原さんがトラブルメーカーなことはわかった。
ここ最近の行動言動をみる限り
少なからず原因があることは想像できる。



大NG対応の第一号おめでとうございます。宇野常寛氏のこのようなNG対応が続き訴えがあった場合、彼は引退を強いられるのでしょう。

スポンサードリンク




>「みんなが面白くなるためにした」と釈明していたそうだが、「彼の『みんな』に僕らはなぜか入らないようだった。お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた」

これは身近な場面でもよくありますね。
誰かをいじって周囲の笑いを取るのは簡単ですが、いじられた誰かも一緒に笑えないなら、それはただのイジメか嫌がらせでしかないと思うんですよね。
こういうのは、職場でも学校でも、それ以外の仲間内でもよく見られますが、気を付けないと自分も同じことをやってしまいがちです。
本当に「みんな」が楽しめているのかよく考えましょう。
どこかで、いじり系の芸人さんは、いじった相手へのフォローとかを欠かさないと聞いたことがあります。
周囲のひとはもちろん、いじった相手も不快にしてしまっては芸としてダメなんだとかなんとか。。。
で、それができないなら素人と変わらないということです。



詳細は存じ上げませんが、人を傷つけて笑いを取るやり方は、本来面白くない人のやり方だと思います。会社でもよくある。見てられない。
宇野常寛さんの不快感に同情します。



有吉さんも失礼な事を相手に言うことがあるけど、こういう問題には発展しないんだよな。
いじる相手に愛情や尊敬の念があるからだろうな。そこが有吉さんと梶原さんの違い。



日刊スポーツもプロの報道なら事の経緯を取材して書くべきで
あってネットから拾った分を切り張りして記事にするのは
記者がする事ではない。
読んでる方はただ何か揉め事があったとだけしか
伝えられずに消化不良でモヤモヤするだけ。



梶原氏は面白くないと思いますが、何があって怒っているのかは知りたい
宇野常寛さんの不快感の詳細知りたい



人をいじって笑いに繋がるのは、相手との関係性がきちんと成り立っていてのこと。
近年、若手を中心に、そこをはき違えて、いじって来る芸人が特に増えた。
おそらく、売れている先輩芸人のテレビの観すぎだろう。
いじっても、相手もお客さんも笑わせている芸人は、相当な気遣いと、それまでの組み立てがきちんと出来ている。
チャンスも多く、経験も積んでいるはずの梶原氏が、この歳までそれが身に付いていないのなら、今後も難しいと思う。



宇野常寛さんの不快感や激怒は何が原因だったのか知りたい



人をいじって笑いをとるというスタイルが世間に定着しているけど、個人的には不快感だと思いますよ。
自分がターゲットにされた時のことを想像出来ないんだね。
確か後輩芸人のオリラジにいじるレベルでもないことを言われたとか言ってブチ切れてたのも記憶に新しい。
その場しのぎで生きているのが丸わかり、ぶれぶれで薄っぺらだとみんな背を向けるよ。
いじめの構図で考えたら笑っているやつも同罪だけどね。



巨人原監督のSNS禁止令が賛否両論巻き起こしてますが、禁止令を発するべきは吉本興業でしょうね。



対して梶原さんに興味ないけど動画見た時、思ったのは過去の栄光をまだ引きずってるなってこと。芸人同士の会話の中で昔は凄かった、褒めて欲しい感が随所にあるよね。本当の人気者になりたいならもっと謙虚になった方がいいよ。

【関連】→ 宇野昌磨 タキシード姿の画像×2枚、動画×1本はこちら

スポンサードリンク