内村航平 存在感は嫁と母の姑問題の影響があった!?

 

体操の内村航平選手の存在感が話題になっていますね!

その存在感は結婚した嫁と母親の姑問題が原因だともいわれているが紐解いて見ていきましょう

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

内村航平の存在感とは?

内村航平、ルール同じなら優勝 「おじさん」なお存在感

体操の全日本個人総合選手権を10連覇していた内村航平(リンガーハット)が、ついに王者の立場を明け渡した。だが、もし大会が、昨年と同じルールで行われていれば、優勝したのは内村で、11連覇を達成していた。若手の台頭が著しい男子体操界だが、内村の存在感はなお大きい。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000010-asahi-spo

 

内村航平ネットの口コミ

20代女性
予選と決勝の合計点で争われた全日個人総合本選手権で3位だった内村航平選手ですが、優勝した谷川翔選手との点差は約0・8点、2位の白井健三選手との差は約0・5点でした。
40代男性
ルール同じなら優勝。
で?
60代女性
しかし、決勝の時の採点を見ると、内村はかなり高い点を貰っていたと思う。特に、最後の鉄棒の点については、谷川、白井との点差が大きすぎたと思う。
50代男性
今の寿命だと30歳って昔の20歳位じゃない?おじさんは早いだろ。しかもアスリートだからもっと若いぞ。

 

スポンサーリンク


 

40代男性
内村航平の存在感は結婚した嫁と母の影響があるっぽい
20代女性
「千穂さんは当時生まれたばかりの長女と一緒に観戦していて、周子さんは少し離れた席に座っていました。でも会話はほとんど交わさず、帰る時もバラバラ。というのも、その時の千穂さんの格好が、露出度が高くピンヒールを履いていたことで、“場をわきまえていない”と周子さんはイライラしていたみたいです。この大会以外でも千穂さんと周子さんが一緒に応援しているのは見たことがないですね」

王者・内村航平を悩ませる、母の露骨な「嫁外し」
「いちばんいい色のメダルがとれた。いちばん幸せ者だと思う」。8月11日、五輪史上44年ぶりに体操個人総合で2連覇を果たした内村航平(27才)は雄叫びを上げ何度も拳を突き上げた。その瞬間、…

60代男性
そんな嫁姑問題あったら内村もハラハラして存在感ますわな

30代男性
高齢化に伴う体調管理が上手くいって、演技レベルが維持できるようになって、金メダルの可能性が戻るかもしれない!潜在的な力は底知れないものがある。
20代女性
サッカー界とは違って、レジェンドに引導渡すような若手選手が出てきたことは喜ばしい限りやんけ
30代女性
ある意味体操界の怪物ですね。
内村が最終種目の鉄棒の演技を
するときワクワクします。他の
選手にはまだワクワク感が出て
きません。
40代女性
リンガーハットは良い選手のスポンサーに付いたね。
ブラックサンダーの有楽はサブとかのスポンサーに付かないのかな?
内村が金メダル取ったときの一言で流行った様なもんだよね。

 
スポンサーリンク