渡哲也 闘病の真相がヤバい【画像有り】

 

渡哲也(わたりてつや)さんの闘病が話題になっていますね!

いったい闘病とはどういう事なのでしょうか?

今回は、石原軍団で兵庫県淡路島出身76歳の渡哲也さんについて動画や画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

闘病とは?

渡は1991年に直腸がんが見つかり、手術後、人工肛門をつけることを余儀なくされた。その後も肺気腫やぜんそくといった呼吸器系の持病に苦しめられてきた。さらに、2015年6月には急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術をしている。
.

「実際には外出時も酸素吸入器を外せない状態です。今年も壮絶な闘病の中でのCM撮影だったそうです」(広告関係者)
.

 最近は近所を歩くこともままならず、自宅療養が続いているようだ。
.

 これまで渡は、体調が心配される中でもたびたび復帰を果たしてきた。昨年4月には、周囲が「体力的に大丈夫なのか」と心配する中、石原プロの「相談取締役」として経営陣に復帰した。1か月前の3月に実弟である渡瀬恒彦さん(享年72)が亡くなったことが理由の1つだったという。
.

「渡瀬さんは2015年秋に胆のうがんが見つかりましたが、がんは小康状態。亡くなったきっかけは『肺気腫』でした。奇しくも、渡さんも同じ病気で苦しみ、兄弟の母・雅子さんもかつて肺炎で亡くなっている。実は、それまでは滅多にしなかったのに、闘病が始まってからお互いの家を行き来するなど、頻繁に連絡を取り合っていました」(渡瀬さんを知る関係者)

headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00000009-pseven-ent

 

 

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

渡哲也の口コミ

40代女性
団長!くれぐれもご無理だけはなさいませんよう。
ご子息も周囲の目線に惑わされることなくご自身の信じる道を歩んでください。
40代男性
自分は2人兄弟で兄は独身。
自分自身は8年の治療でやっと出産。
まだ先のことだが、子供には結婚して孫の顔が見たいとは思うが決して言ってはいけないと思う。それは自分が願うからではなく自分が亡くなった後天涯孤独にならないかと言う心配の思いから。
自分が晩婚や治療期間が長かったからこそ子供に結婚、孫と精神的負担はかけたくない。
20代女性
一つ、人工肛門は『つける』んじゃなくて『造る』だからね。
切った腸の出口をお腹に穴を開けて、引っ張り出して(便の)出口を造るんです、大変な事なんです。
渡さんのご病気も含め記事に書くなら、もうちょっときちんと書いてもらいたい。
渡さんは人工肛門を世の中に理解してもらう患者活動もされてたはずです。
30代男性
結婚は縁だからねー。
確かに渡さんに孫が出来たら、生きる活力は増幅されますよね。
でもね、こればかりはねー。
30代女性
渡さん、ほんとうに、かけがえのない弟さんを亡くされた痛みは、いまでも、そうとう精神面、身体面計り知れないダメージと、お察しします。人は、いつか誰でも亡くなってしまいますが、理屈では解ってはいても、それでも、ほんとうに、この世から、病気や死去が無くなってほしいと強く願います。どうか、お大事に。
50代男性
西部警察時代の団長。ファイティングスピリットで、闘病生活乗り越えてください
。団長は、心の支えです。
20代女性
このエピソードが本当なら、
渡さんが、結婚して子どもも生まれて、自分は幸せだったから、息子にも味わって欲しいって思っているんだろうな。
人は必ず老いていく。終わりがあるようで、見えない終わりは果てしなく遠い。
60代男性
弟さんの渡恒彦さんが居ない2時間ドラマが寂しくて仕方ない、一般人です。身内なら想像を越えるでしょう(;_;)少しでも無理せず仕事して欲しいです。偉大な兄弟です。

 
スポンサーリンク