ワードプレス5.0の更新後に元の編集画面(Classic Editor)に戻す方法【5分で簡単】

 

ワードプレス5.0の新バージョンへの更新が始まりましたがこの編集画面がかなり使いにくいし英語もあるしで・・・・。

そこでWordPressバージョン5.0はそのままで前の4バージョンの旧編集画面(Classic Editor)に戻す方法があります。

5分で簡単に誰でもできます!

ワードプレスのバージョンを5から4にダウンするという方法もあるのですがそれはFTPを使ってファイルを削除したりアップロードしたりするのでちょっと慣れていないと大変で1日潰れます。

よって簡単な方法を初心者の方にもわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

ワードプレス5.0更新がヤバい

 
スポンサーリンク


2018年12月7日から始まったワードプレスの最新バージョン5.0の編集画面が使いにくく英語で記載されていてタグ一覧も消えていたりで使いくさ100%ですね!

そこで簡単に元に戻せる方法が

プラグインに「Classic Editor」(クラシックエディター)を入れる方法です。

これを使えば約5分で

元の編集画面での作業ができます!

よってバージョンは最新の5.0を使用しながら

編集画面は元のClassic Editorを使えるのです!

このブログでも

12月7日の深夜4時くらいに

新しいバージョン5.0を何も考えずに

ポチっとボタンを押したら

変な編集画面になってブルーな状態に

陥って、この新しいバージョン5.0に慣れていこうと

一度は決断しましたが、あれこれ調べているうちに

プラグインで元に戻せる事を発見しました!

 

元の編集画面(エディター)に戻す方法

 
スポンサーリンク


プラグインに

「Classic Editor」を追加します!

下記のよな絵の描いたプラグインです。

結構、有名なプラグインでトップページに表示されると思います。

ワードプレス5.0

怪しいプラグインか調べる為にも

左下にある星の数やインストールされた数をチェックしましょう。

「Classic Editor」は口コミが5つ星で

これまでインストールされた数も60万件以上あるのでほぼ問題ないでしょう。

このブログにもこの「Classic Editor」を入れた事で

前の4バージョンの旧編集画面での作業をすることができました。

5.0の編集画面だと2倍くらいかかりそうな感じです。

一応、このブログにも「Classic Editor」を入れました!

ワードプレス5.0

設定は2つだけですのでプラグイン「Classic Editor」を入れて

有効化するだけです。(初期設定のままでOKです)

ワードプレス5.0

ワードプレス4の時の編集画面エディターがクラッシクエディターで

ワードプレス5.0のエディターがブロックエディターというようです。

設定内でどちらでも使用できるのでバージョン5.0の新しいエディタを使いたい方は

上の画像のブロックエディターを選択するだけですぐに新しい編集画面を使えます!

新しいバージョン5.0はいろいろと不具合が出るかもしれないので

また不具合を見つけたら追記して情報共有していきたいと思います。

以上がワードプレス5.0から元の編集画面(エディター)に戻す方法の説明でした。

今回のように簡単に個人で対応できるブラグインから初心者中級者ではちょっと難しい

ワードプレスの応用編(SSL化やバナー作成、ランディングページ作成、さあまざまな設定、ワードプレスで疑問点など)は

個人でやるよりもプロに聞いたり任せた方が早くて確実性もあります。

ワードプレスの困った事をすべて解決してくれるので安心です。

ワードプレスの設定や困った点があれば聞いてみましょう!

 

ネットの反応

スポンサーリンク


 
スポンサーリンク