山本彩が苦言!ストーカー犯人は誰?

 

山本彩 苦言が話題になっていますね。

メディア報道や口コミ情報はどうなっているのか?

いったい山本彩さんの苦言とはどうい事なのか気になりますのでまとめていきます。

ストーカーをしていた犯人は誰なのかネット上ではすでに特定か!

 

スポンサーリンク

山本彩さんの苦言の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが山本彩さんの苦言に関する記事詳細です。

元NMB48で歌手の山本彩(25)がツイッターで「声をかけてもらえるのは ありがたいけど、ストーキングはね…」と投稿した。

 現在全国ツアー中だが、身近で問題ある行為があったもようで「気をつけようね」と、悲しんでいる顔の絵文字つきで投稿した。

 この投稿に1000件以上のコメントがつき「大丈夫?気をつけて」「心配です」「絶対にだめだ」と怒りや、案じる投稿が続いている。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000089-dal-ent

山本彩さんが苦言を呈したtwitter内容です。

ストーキングされていたと発表しました。

いったいストーカーの犯人は誰なのでしょうか?

今回の山本彩さんの苦言についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

スポンサーリンク

山本彩さんの苦言に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
ファン獲得の為に嫌でも握手をして運営や事務所の方針に従ってきたタレント
勘違いするファンに問題があるのは間違いないにしても
タレントの安全を確保するのは事務所の責任だと思います
襲撃事件や類似事件が発生してるのだからそこはちゃんとやってほしいですね

 
 
芸能人にもプライバシーはありますので、壁を越えるのはファンてはないですね。身近なアイドルとは言え自分のものではない。警備などもしっかりするのが事務所ですね。

 
 
芸能人にもプライバシーがあるからね、それを守るのが真のファンだと思うけどね、もう会い行けるアイドルでもない、ファンは暴走するとただの危険人物なのよ。

 
 
いろいろと問題が露呈している状態でもあるので、この際、専用の警護をつけてもらった方が良いのでは・・・。

 
 
ストーキングして本人に不安を与える様な行動を取る様な人はファンとは言わないので、どんどん通報して良いと思う。

 
 
ジャニオタもストーカーまがいのことやってるしね。どうしてこうアイドルファンは常識が無いんだろう。まともな人も多いだろうにこういう人がニュースになったりするからアイドルファンのイメージって悪いものになるよね。ジャニーズや秋元グループの人も大変だとは思うけど色々と気をつけてくださいね

 
 
優しく警告するのはここまで。
次またあったら警察に相談して欲しい。

 
 
相手(山本さん)の気持ちを考えてあげないと。絶対にストーキングはダメだし、プライベートの時の声かけ等も控えてあげましょう。

 
 
ファンなら絶対にやってはいけないこと。
こういうことする人はファンではない。

スポンサーリンク


 
 
どこかのグループの子みたいな事が起きなければいいけどね。
どこかのグループはいつになったら解決するのやら。

 
 
この子がストーキングって言葉をチョイスするのは珍しい。相当嫌な思いをしたんだろうなぁ。

 
 
山本彩さんはストーキングするファンにも気配りした発言ができるほど頭と人格の立派なかたですね
超尊敬します

 
 
ストーキングって、それは問題行動のレベルを超えているんじゃないのか?

 
 
「会いに行けるアイドル」だから「会いに行っても良いアイドル」だと
誤解するファンがいても仕方ない

自業自得な部分もある

 
 
どうして芸能人に狂ってしまうか理解できません
ファンも度を過ぎれば犯罪者
事務所関係者も事故が起きないように厳しく見守ってほしい

 
 
握手会なんぞを日常的にやらされてきて距離が近すぎたせいか、ファンのほうも感覚がマヒしとるヤツが多い

本格的なソロ活動も始まったばかりだし、ましてやライブツアーの真っ只中。彩さんの迷惑になるようなことはしてほしくない

彩さんも、これからは少しファンと距離を置いたほうがええかもね

 
 
有名税とはいえ辛いね

 
 
握手会とかレスとかそうゆう商売してるから勘違いする人が出てきてもおかしくない。
握手会で「○○さん、今日もありがとー!」って言ってて金を巻き上げてるのに、町中で会って「あなた誰ですか?」って言う方がおかしいでしょう。

 
 
NGT48問題、消さないように突っ込んでよ!

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は山本彩さんの苦言について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク