山村武寛 救急搬送されその後の容体もヤバい!

山村武寛が救急搬送

 

プロレスラーの山村武寛 救急搬送が話題になっていますね。

強烈なジャンピングニーを浴びた山村武寛(やまむら たけひろ)選手は反撃を試みるが、頭部から落下してしまったようです。

山村武寛選手は救急搬送されその後どうなってしまったのかと気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

山村武寛 救急搬送のその後の容体は?

スポンサーリンク


こちらが山村武寛選手の救急搬送に関する記事詳細です。

 W―1の東京・後楽園ホール大会(3日)で、ストロングハーツの山村武寛(23)が救急搬送されるアクシデントが発生した。

 山村はこの日、T―Hawkと組んでW―1タッグ王者の河野真幸、アレハンドロ組に挑戦。異変が起きたのは9分過ぎだった。

 河野の強烈なジャンピングニーを浴びた山村は、飛びつき式の前方回転エビ固めで反撃を試みるが、組みつくことができずに頭部から落下。そのまま動くことができなくなり、レフェリーが試合を止めた。

 大会は中断され、約10分後に救急隊が到着。首を固定された山村はストレッチャーに乗せられて搬送された。

 その後、カズ・ハヤシ社長がマイクを持って「(山村の)手足は動くのと、あと意識はしっかりしております。病院に連絡し、状況が分かったら、なるべく早くお伝えしようと思っております」と状況を説明した。

 山村はドラゴンゲート時代の2017年10月の博多大会で脊髄振とうを起こし長期欠場。18年12月のドラゴンゲート京都大会で復帰したばかりだった。古傷の首を負傷した可能性が高いとみられる。

出典元:news.yahoo.co.jp/【東スポWeb】

 

山村武寛の救急搬送の詳細

本名:山村武寛
生年月日:1995.5.28
出身地:大阪府大阪市
身長:170cm
体重:72kg
血液型:A型
得意技:スワントーンボム

今回の山村武寛選手の救急搬送についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

救急搬送された山村武寛の画像や動画

スポンサーリンク


 

山村武寛の救急搬送に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
人生はこれからだ。
人生はまだ長い。
古傷が大きな事にならないうちに引退した方が良いのではないか。
ドラゴンゲートファンより

 
 
ドラゴンゲートの時から観てましたけど、これはキツイですね。復帰に向け頑張っていた努力は認めますが、今回は引退をおすすめします。

 
 
たしかJUNも首をやって引退したし、CIMAもキッドのデジャブを受け損なって首やって土井のマスキュラーをくらって入院したの思い出した。選手生命よりも日常生活に支障きたす可能性もあるし残念だろうけど引退を選択した方がいいと思う。

 
 
頭部と首への怪我はレスラーの宿命でもあるけれど、被害が最小で済む事を祈ります。レスラーは体重も重いのでかかるダメージは常人よりも大きいし。三沢氏やハヤブサ、最近では高山選手も深刻な傷を負った。取り返しがつかない場合もありますので。頑張れ。

 
 
その場で動かさず首を固定して救急搬送したのは
正解だったな
高山が怪我した時は進行を優先させた為に
無理に起こされて
担いで退場させてたから重症化してしまった。

 
 
大会の進行より選手の身体を優先させた対応は素晴らしいと思います。河野選手との身体の違いも影響あるのでは?スーパーヘビーとジュニア以下だと思います。対決は難しいし、正直ヤメた方が良いと思います。

 
 
高山善廣さんの事故を思い出した。
無事に回復してくれることを祈ります。
復帰は、完全に治してからにしてください。
不安があるなら、残念だけれど引退したほうがいいと思います。

 
 
プロレスは技の競い合い。
故に掛ける方も受ける方も、長期間の厳しい鍛錬による鎧の肉体を持つことになる。
しかしどんなに鍛錬した頑強な肉体でも限界は有るってことだな。
実際、あくまでも傍目には、悲しい結末を迎えたレスラーも複数いらっしゃる。
せめて故障回復後の復帰に際しては、本人と回復に携わった関係者の意見だけで無く、慎重な判断をして欲しい。
健康第一。

 
 
危険がつきまとう稼業だが、こういった事故を恐れて規制や安全策を積み重ねていくと、迫力や魅力が損なわれてしまうトレードオフが生じてしまう。
ファンとしてはただただ事故がないことを祈り、今回の事故からの回復を願うばかり。

 
 
この写真一枚で、
如何にプロレスが危険なものであるのかがわかる。
しかし危険な過激なことを100kgオーバーの
男たちが軽々と行うからファンはついてくる。
危険だからダメ、と一言で片付けて欲しくないが、
ちょっと心配だ、の域を超えてしまってる。
無事なことを祈りたい。
相手選手の「心底心配」している姿を見ても、
やはり「プロレスは相手との了承了解の上で繰り広げる素晴らしいもの」
なのだな、と感じた。

 

おわりに

今回は山村武寛選手の救急搬送について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていますが山村武寛選手の容体が心配です。

大事に至らなければよいのですが・・・・・

この後も引き続きどうなっていくのか山村武寛選手に注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク