ゆで太郎 予想外のトップに!郊外店がブルーオーシャンだったww

ゆで太郎が予想外

 

ゆで太郎 予想外が話題になっていますね。

そば屋の「富士そば」や「小諸そば」を抜いて店舗数がトップになったようです。

その要因がブルーオーシャンだった郊外店の進出にありました。

いったいゆで太郎が予想外に商売繁盛している理由は何なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

ゆで太郎 予想外のトップに!郊外店がブルーオーシャン

スポンサーリンク


青色の看板の「ゆで太郎」はお蕎麦屋さんで丼物も美味しくて何より早いですよね。

立ち食い蕎麦屋さんと違って椅子とテーブルもあるので何かと便利です。

これまでは駅前や都会にあるイメージでしたが郊外店舗にも出店することで店舗数も1位になったようです。

そしてなにより郊外にはそば屋さんがなくて意外とニーズがあったようです。

確かに郊外のロードサイドにはラーメン屋さんは数多くありましたがそば屋さんはあまり見かけませんでしたね。

丸亀製麺のうどん屋さんみたいに今後お蕎麦屋さんが増えてくるのかも!?

まさにブルーオーシャンで今後もゆで太郎は店舗数を増やしていきそうな予感ですね。

 

ゆで太郎 予想外に関する口コミや評判

今回のゆで太郎の予想外についてネットやSNS上ではどのような声や反応が出ているのか口コミ情報を見ていきます。

スポンサーリンク


 
 
>社長直轄の研修センターを作りました。研修に関しては社員だけでなくパートさんにも受けてもらって、それに合格すると職人としてのバッジを進呈しています。

社員教育に力を入れている会社は、強いし、店舗によるバラつきが減ると思う。

 
>パートさんにも社会保険に有給休暇など、気持ちよく働いてもらえることに注力しています。やっぱり従業員に喜んでもらわないと、商売になりませんからね」

お客様も大切だけど、これ大切だよね。ゆで太郎で働きたいと思う会社じゃないとね。
 

>近年、そばはその栄養価の高さから、健康食として見直され、幅広い年齢層から支持されるようになってきている。

蕎麦は、ダイエットにも良いからね。ゆで太郎は、各店舗で蕎麦を作っていたと思う。ネギ増量を無料でやってくれたり、朝定食みたいな蕎麦と御飯や納豆・卵との組み合わせた手頃なセットがあるのも良い。

 
 
「ゆで太郎」は朝食セットが魅力的。

400円未満であの量は中々食べられない。

大盛で100円増しにしても、500円であれだけ食べられるのは中々ない。

朝食セットの時間帯は天かすも入れ放題。

それ以外の時間帯でも、七味唐辛子、一味唐辛子、輪切りの唐辛子、柚子粉末、塩なと、意外にレパートリーはある。

ある程度の収入層には人気ではないでしょうか?

1469

 
 
いつも朝は半田屋かゆで太郎にお世話になってます。元々そばが好きという事もありますが、サイドメニューの味もなかなかで価格もある程度安く量もその日に合わせて選べるので重宝しています。後はオープンが後30分早ければ最高なんですが、、、。それは個人的理由なのでこのまま頑張って欲しいですね。

 
 
注文すると必ず付いてくるトッピング無料券がうれしい。はなまるうどんはレシートと一緒に割引券を渡されるが、あのタイミングだと財布に戻す動作を強いられるのが結構ストレスだったりする。しかも店員が面倒くさがって渡さない店舗もある。ゆで太郎は必ずお盆に載っかってるのでそういうことはない。こういう細かいところまで実によく研究されてるのには唸らされる。

 
 
伸び盛りの会社は儲かる場所から出店していくので、低価格でも成長できる。そして価格の上がった周辺の店のシェアを奪う。

出店できる場所を埋め尽くすと、少しずつ儲からない場所に出店し、価格を上げて行ってしまう。
こうなると新たな伸び盛りのチェーンに食い荒らされる。

会社の成長期は全てが素晴らしいが、成熟した後、悪あがきをせず勝てる価格・勝てる出店範囲を維持する選択はできないのかな。

 
 
何といっても朝食セットが320円と360円のセット、他に格安なセットメニュ-。蕎麦粉比率が50%なのが他のチェーン店では真似が出来ない部分だろう。
 近くのゆで太郎は初めテーブルが汚く(食べログに一時は記載した)、人員配置が厳しいのかな…と思っていたら、テーブルの件は改善された。後は無料クーポンが配布されることが多く、100円トッピングが無料になる。山田うどんや名代富士そばより確かに良い。

 ただ法人が2つあるのは知らなかった。近くの店はフランチャイズで、時折店内でそばを打っている。

 
 
やはり社員から愛される・働きやすいって企業じゃないと、成り立たなくなってきてるのかもな。
家族連れで来られると言うのは、安さというのもあるけど味や雰囲気も重要だからね。幾ら安くても汚かったり五月蠅ければ家族連れは来たがらないし。
チェーン店の蕎麦屋と言うけど、自家製麺をあの値段で提供してるのは凄いことだと思うし。
メニューも多くランチメニューやクーポン券など、飽きさせない・お得感は中々だと思う。
都内なら小諸そばや富士そばがあるけど、製麺はどこも工場製造だからね・・・

あと一つ気になるのはそばつゆの量かな・・・大盛りでも普通でも同じ量だから少なく感じちゃう。お代わり無料とあるけど一々カウンターに申し出るのも気が引けるからポットに入れて提供しておいて欲しいなぁ~と思ってる。

 
 
ゆで太郎は東京の店は汁が旨いが、横浜の店は汁が今ひとつ。経営するチェーン母体が異なるからだと思う。他の地域はわからない。それでも、小諸そばや富士そばと比べると旨い。小規模の立ち食いにはもっと旨いところもあるが、ゆで太郎はいろいろなところにあるという点で強い。まあ味は人それぞれであるからそこはなんとも言えないが。

 
 
原材料等のコスト増を目立たない値上げで賄っているので、会社としてはあまり痛みを感じていないかもしれませんが、値上げが目立ってきた時に一気に客が引く危険があると思う

 
 
いずれ失敗しそう。
日本全国に展開するって言ってるけど、西日本を考えたら蕎麦じゃなくてうどん。西に行くほど蕎麦屋は少なくなる。

それは、西日本が蕎麦屋のブルーオーシャンって意味じゃなくて、蕎麦屋の先人たちがうどん屋にことごとく敗北してきた歴史なんだよ。

味を変える気が無いって言ってるし、西日本での蕎麦チェーンは無理があり過ぎる。成功する未来が見えない。

蕎麦チェーンは関東や東日本に限定するなら良い戦略。でも全国展開したいなら、うどんじゃなきゃ無理。

ゆで太郎の予想外の報道内容

スポンサーリンク


こちらがYahoo!ニュースなど各メディアで報道されたゆで太郎に関する記事内容です。

大手そばチェーン「ゆで太郎」を展開するゆで太郎グループが好調だ。1994年にグループ1号店を出してから、着実にその規模を拡大し、2018年にはグループ全体で200店舗を突破。「富士そば」や「小諸そば」など先行するライバルを追い越し、店舗数で国内トップに君臨している。

2004年に設立されたゆで太郎システムは、2018年末時点で167店舗を展開、売上高は90億3000万円と100億円に迫る勢いとなっている。2017年の国内におけるそば・うどん店の市場規模は1兆2794億円で、前年比2.7%程度。原材料費や人件費の高騰を考えると、ゆで太郎システムの数字は立派なものと言えるだろう。

 ゆで太郎システムの特徴は、なんといっても郊外への展開だ。早い、安い、うまいが売りの立ち食いそばは、もともと働く人たちがメインの客層であり、これまでは主に駅前やオフィス街、繁華街などに出店してきた。ライバルである「富士そば」や「小諸そば」も同様だ(信越食品は都心を中心に展開している)。

 人口減が続く中、ロードサイドにある小売店や飲食店は集客に苦労しているという話も聞こえるが、ゆで太郎システムはなぜ郊外を目指す

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190428-00278194-toyo-bus_all&p=1 東洋経済オンライン

このトッピクスは本日、大変話題になっていますね♪

ゆで太郎は蕎麦なのでおじいちゃん、おばあちゃんにも人気で家族そろってごはん食べに出かけられるのでよいですよ。

 

 

予想外に上昇しているゆで太郎の画像や動画

スポンサーリンク


 

おわりに

今回はそば屋のゆで太郎の予想外について調べてみました。 

郊外店にお蕎麦屋さんは確かに欲しいですね!できれば車でいけるように駐車場も完備したゆで太郎の出店ラッシュに期待しています。

ネットやSNS上では賛否両論いろいろな意見が出ていますが概ね好評のようです。

この後も引き続きどうなっていくのか注視し新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク