ゆたぼん(沖縄)は炎上ユーチューバー!wiki経歴や父親がヤバい!

 

大阪から沖縄に1年前に引越ししたユーチューバーのゆたぼん(本名:中村逞珂)(なかむらゆたか)君が不登校で学校に行かない事を正当化して炎上している!

昨年の小学3年の3学期には4日しか学校に行かずw。兄弟姉妹は5人から4人兄弟姉妹になった理由は姉が抹消された!?

父親は中村幸也さんで中卒の元暴走族だったが今は心理カウンセラー!ゆたぽんが父親のロボットになっていたのか考察していきます。

 

スポンサーリンク

ゆたぼんのWIKI経歴

スポンサーリンク


沖縄の小学生ユーチューバーゆたぼんが一躍有名になってきましたね!

これまで無名に近かった為にWIKIがまだ作成されていませんが、経歴やプロフィールなどの情報をまとめていきたいと思います。

・名前:中村逞珂(なかむらゆたか)

・愛称:ゆたぼん

・ユーチューバーネーム:少年革命家ゆたぼん

・年齢:10歳(2019年5月現在)

・小学4年生

・生年月日:2009年12月11日

・現在:沖縄県宜野湾市に家族と在住(1年前に大阪から引越し)

・出身:大阪

 

父親の中村幸也さんとは?

ゆきぼん君の自由奔放な言動は父親の中村幸也さんの影響を受けているようですね!

父親のWIKI経歴をまとめると下記のようになります。

名前:中村幸也

年齢:39歳

出身地:大阪府茨木市出身

現在の職業:心理カウンセラー

資格:日本メンタルヘルス協会

学歴:中学卒業

その他:元暴走族

スポンサーリンク


このように父親の中村幸也さんも中学時代から暴走族に加入して自由奔放に生きてきたタイプなのでした。

ゆたぼん君の学校なんか行かなくてもよいという不登校の思考は父親から受け継がれているのでしょう。

 

兄弟姉妹は?

ゆたぼん君は4人兄弟姉妹であるようで、ゆたぼん君以外は3人の女の子の姉妹がいるです!

名前がニックネームで「ゆぅゆ」、「みーちゃん」、「ここさま」と記載されていました。

年齢は判明していませんが身長からは2歳づつくらい離れている感じに見えますね(10歳、8歳、6歳、4歳)

父親のプロフィール欄には子供が5人とも表記があったのですが間違いなのかな!?

youtubeにも4人の兄弟姉妹しか出てきていませんね!

もしかして噂になっている姉は抹消されたのほホントなのでしょうか?

真相は明らかになっていません。

4人兄弟姉妹の顔画像はこちらです。

 

大阪から沖縄県宜野湾市に移住

スポンサーリンク


ゆたぼん君は両親と4人の兄弟姉妹で大阪から沖縄に昨年2018年6月に移住してきたようです!

父親の仕事は心理カウンセラーなので仕事の関係で引越ししたのではないと考えられます。

どちらかというと子供4人いるので大阪の学校でイジメを受けたので自然の多い沖縄に移住したとも考えられます。

地図で見てみると大阪から沖縄まで飛行機で移動するとなると直行便で約2時間でいけます。

でも沖縄に住むなんて1年中バカンス気分で一度はやってみたいです。

 

不登校の理由は?

ゆたぼん君が沖縄に移住してきたのは今から1年前の小学3年生の頃になります!

そして沖縄の学校では転校してきた小学3年生の頃から早速不登校になっています。

やはり大阪から沖縄の学校へ転校した事で同じクラスの子と馴染めなかった部分もあるのかもしれませんし父親も「行きたくなければ行かなくて良いよ」という教えなので楽な方を選んでいるのかもしれません。

ゆたぼん君が言うには、学校の宿題が嫌いだとか担任の言うことを聞くとロボットだと言っていて小学3年の3学期に関しては4日間しか出席しなかったようです。

現在も不登校を売りにユーチューバーとして活躍しているので学校にはあまり行ってないのでしょう。

あまり学校に行かなくても進級させてくれるのかは疑問です。

 

ゆたぼんユーチューバー

スポンサーリンク


ゆたぼんは現在10歳の小学4年生ですが2年前の2017年3月26日にユーチューバーを登録して動画撮影を始めています。

そして現在までのチャンネル登録者 9,591 人となっていてYahoo!ニュースに取り上げられた事で今後もますます増えていくのではないかと思います。

正式youtube名が「少年革命家ゆたぼんチャンネル」でいろいろな革命を起こしてくれそうです。

ユーチューバー異端児になってくれるでしょう。

下記がゆたぼんの動画チャンネルの中で一番人気のあるyoutubeです。

 

ゆたぼんに関する口コミや評判

スポンサーリンク


50代男性
良いと思うけどな。行きたいときだけ行く、という中途半端なスタンスをとって、学校や行政の現場を混乱させなければ。

10歳の不登校でYoutuberはレアだし、物珍しさで注目される。今後は人が見たいと思わせるモノを発信できるか、ですよね。私含め多くの人間にはそんな力はないので、まさしくロボットの如く社会の歯車として頑張るしかありません。ロボットの口撃に耐えうる精神力と魅力で大人になっても注目される、魅力溢れる人になって欲しいです。

だから、マスコミは一度取り上げたからには、その後も追ってもらいたい。圧倒的な才能ではなく、常識外の思想で耳目を集めた子供、そしてその家族はどのような人生を歩むのかを。中高生で本物の天才達が声をあげ出すときに、ぶれずに負けずにやれているのかを。

最初だけもてはやすのは、社会に対して、これからの子供たちに対して無責任です。安易な後追いが出ないようにも。


10代男性
ただ宿題をやればいいじゃなく、なぜ宿題をすべきか、なぜ勉強すべきか、そこは先生が教えること。忙しかろうが、それが仕事。
この子がやらされるのに疑問を持つのはいいし、学校に行かないのもいい。学校だけが勉強じゃない…なら、自ら学んで知識や知恵を持つこと(インプット)をしていますか?
この子のしていることは、アウトプットがほとんど。誰かとコラボしても刺激を受ける程度で、技術とか吸収していますか?

60代男性
確率の話で、勉強することで将来の選択肢は広がる。
この子はこの選択により将来、金を掴む=成功?となるのかもしれないしならないかもしれない。
様々な挫折が必ずくる中で潰しがきくかどうか。潰しがきくと濁しているけど、簡単に言うと貧困生活を送るか自分で天に行くかということ。
選択は自由であるが今のところ面倒見ているのは親と思うので親の意見は聞くべきかな?

10代女性
集団生活のなかでの協調性とか決められた範囲内で頑張って成果を出すって言う経験もないと将来空気をよめない人になってしまうのでは…。
専門学校のクラスメイトに義務教育時代はサボりがちだったけど凄く音楽の才能がある子がいてカリスマ的な性格で始めはカッコイイと思ってたけど、蓋を開けたら我が強すぎて反骨精神の塊で、学校の課題だろうと教師の指示だろうと自分の意にそぐわないと途端に態度を悪くし、騒いで授業を妨害しだして本当に迷惑だった。
自分の意見をもって自信をもって生きるのはとても大切だけど、周りと同じ事を同じペースで出来ることも大切だと思う。1人で好きなことをやるのは何歳からでもできる。

10代男性
彼はカッコイイと思ってピースしてるんだろうけど、それは違うと思うぞ。
学校にも色々な形はあるけれど、
行かないのは違う。
学校は勉強だけを学ぶ場所でもないからね。
適応力、集団行動、協調性…
それぞれ社会に出て必要とされる事を学ばなけりゃいけない…
人は1人では生きていけないから…
必ず他人と接点をもつ。
その中で必要とされるものを自ら学ぼうとしない事はかわいそうだね…
親もきっとそれで良しとしているのだろう…
不幸だ…

20代女性
不幸かどうかは本人が決める事だが、
宿題を強要させられるには、それなりの意味もある。
ルールを守ること、
他人と協調する事、
勉学を深める事、
この先長い人生の中で必要な経験であり、他にも意味もあるだろう。

不登校になり学校を行かない事が自分自身の命を救うのであれば、それも選択のひとつだが、

学校へ行かなかった、
好きにYouTuberとして楽しくやってる
だから皆も嫌なら学校へ行かずに好きにすれば良い。
というのは間違いだ。

学校へ行かない選択肢もあるよ、と人に説けるのは学校へ行き学び卒業した者だけだ。

逃げて、辞めて、好き勝手して、楽しいから、君も、そうしようというのは、無責任と言うものだ。
それで学校を辞めた者のその先の面倒も問われることになりかねない。


20代女性
宿題は習った復習としての、自分の為ではないのでしょうか?
そもそも、自分の為の勉強であって、人のために学ぶんじゃないし。
この子は自分を育てないで大人になって、気に入らないもの全て拒否して生きていくのかと思うと、気の毒でしかない。
親はどう考えてるのかな。
とにかく収入源(YouTuberとしての)さえあれぱ幸せだと考えてるのか?
今の世の中、そんな考えの人が増えてるせいなのかも。
正社員としての魅力が無くなりつつある世の中も、こんな人間を増やす要因ではあるのでしょうけど。

スポンサーリンク


 

ツイッターでも反響がスゴイ事に

 

おわりに

すごい小学生ユーチューバーが出てきましたね!

父親の影響をモロに受けているようです。

確かにいじめなどで学校にいけなくなって天国に行く事も考えている子供たちにとっては有益なユーチューバーです。

賛否両論ありますがやはり義務教育だけはしっかりと受けて卒業して欲しいですね!

今後のゆたぼんがどのように成長していくのかに注目していきたいと思います。・

スポンサーリンク